アナーキー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アナーキー

2015年6月13日公開,98分
  • 上映館を探す

「ハムレット」のマイケル・アルメレイダ監督が、再びシェイクスピアの戯曲を映画化。『シンベリン』を基に舞台を現代に移し、ギャングと警察の抗争が激化する中、運命に翻弄される男女の姿を描く。出演は「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のエド・ハリス、「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン。

予告編・関連動画

アナーキー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バイクギャング軍団の麻薬王、シンベリン(エド・ハリス)は、後妻のクイーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を溺愛するが、クイーンが警察からの献金要求を断るよう唆したことがきっかけで、血まみれの縄張り争いが勃発する。一方、シンベリンの娘イモージェン(ダコタ・ジョンソン)は、幼なじみのポステュマス(ペン・バッジリー)と結婚。だがシンベリンは、クイーンの息子クロートン(アントン・イェルチン)と娘を結びつけるためにポステュマスを追放してしまう。そんな中、ポステュマスの前にヤーキモー(イーサン・ホーク)という男が現れ、ある賭けをふっかける。ポステュマスとイモージェンの愛が本物か確かめようと、ヤーキモーがイモージェンを誘惑するというのだ。しかし、ヤーキモーが突き付けた証拠にポステュマスは怒り狂う。イモージェンは姿を消し、ギャングと警察との抗争は激化。やがて偽りと真実が明らかにされていく……。

作品データ

原題
CYMBELINE
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
武蔵野エンタテインメント
上映時間
98分

[c]2014 CYM Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/6/19

    時代背景は現代だけど、セリフはシェイクスピアの戯曲のままだから、妙にクサいわよね。仕方ないけど。 シェイクスピアの時代も現代もメロドラマは変わらないってことかな。 まぁ、肌身離さず持っていると妻と誓った指輪をほいほい賭けに差し出したり、賭けで妻への誘惑を受け入れたり、全ての悪は女性の物だとか暴言はいたり、少年に化けた妻にいきなりエルボー喰らわせたり・・とそんな男やめときな!!って言いたくなるような男だけど。 当時の男尊女卑そのままを現在に持ってくるのはちょっとまずいかもねぇ。 Antonは珍しく悪役です。健気な良い子かおバカか両極端だよねぇ・・彼の役は。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告