チャイナ・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャイナ・ガール

1988年4月23日公開,0分
  • 上映館を探す

ニューヨークのチャイナタウンとリトル・イタリーを舞台に、中国娘とイタリア人少年の激しく一途な愛を描く。製作はマイケル・ノジク、監督はアベル・フェラーラで本作品が日本公開第1作になる。脚本はニコラス・セント・ジョン、撮影はボージャン・バゼリ、音楽はジョー・デリアが担当。出演はリチャード・ペインビアンコ、サリー・チャンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

8月の暑い夜、リトル・イタリーの一画に中国人夫婦の経営するレストラン“広東飯店”の改装が始まったことから事件は始まる。その夜遅く、ディスコで出会ったイタリア人少年トニー(リチャード・ペインビアンコ)と中国人娘タイアン(サリー・チャン)は、2人で何曲か踊るうちに次第に心ひかれてゆくが、2人の恋は、リトル・イタリーとチャイナタウンのストリート・キッズたちとの抗争の中で展開することになる。やがてタイアンの従兄シュウ・シン(ジョーイ・チン)のゆすりによって先鋭化するイタリア系ストリート・キッズは、シュウ・シンが“広東飯店”に爆弾をしかけたことから、中国系ストリート・キッズ“ドゥ・ピアン”と全面対決してしまう。そしてタイアンとトニーのデートを目撃して逆上するシュウ・シンが、トニーの兄アルビー(ジェームズ・ルソー)を刺殺したことから、2人の恋はスリリングな結末を迎えるのだった。

作品データ

原題
China Girl
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
ベストロン映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?