チャンプ(1931)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャンプ(1931)

1931年公開,86分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「秘密の6」「惨劇の波止場」のウォーレス・ビアリーと「スキピイ」「スーキー」のジャッキー・クーパーとが主演する映画で、「ビリー・ザ・キッド」「ハレルヤ」などとおなじくキング・ヴィダーが監督した。「秘密の6」「ビッグ・ハウス」と同じくフランセス・マリオンが書き下ろしの原作によって「運命の兄弟」のレナード・ブラキスンスが台詞と台本をものした。キャメラは「ビリー・ザ・キッド」のゴードン・エイヴィルがクランクしている。助演者は「染の唇」「少年世界」のアイリーン・リッチ、「ビリー・ザ・キッド」のロスコー・エイツ、「仮染の唇」のヘール・ハルミトン、「夜歩きパリ雀」のエドワード・ブロフィー等。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつてはボクシングの世界選手権でチャンピオンに輝いたことのあるアンディー・パーセルはメキシコの国境の町に住んでいた。彼はチャンプと呼ばれているが、彼にももう一度チャンピオンになろうという夢想があった。彼は幼い息子のディンクを可愛がっていたが、飲酒と賭博とに浸ってディンクが何よりも望んでいるチャンピオン返り咲きの夢は実現しそうもなかった。ある朝チャンプは思いがけない運に恵まれて賭博に勝ち、ディンクに欲しがっていた競馬用の馬を買ってやった。競馬の日ディンクは競馬場で、この町に来遊中の富豪カールトンの妻リンダと合った。リンダもその持ち馬を競馬に出したのであるが、ディンクと彼女とはお互いに懐かしく思った。ディンクの馬は決勝で倒れリンダの馬が勝ったため、チャンプと仲間はスカンピンになってしまった。リンダはチャンプを見て始めてディンクが自分の生み落とした子であることを知った。リンダはチャンブが世界選手権を獲った時結婚したのであるが二人は性が合わずディンクを産むと間もなく、夫を捨ててカールトンと再婚したのであった。リンダは実の子が貧乏と不良な環境にあるのを見るに忍びず、自分の手元に引き取って立派に教育もさせてやりたいと思ったが、チャンプは承知しなかった。その夜チャンプはまた賭博をして何もかも取られディンクの馬まで負債のかたにとられた。ディンクの失望は大きかった。チャンプはリンダに頼んで金を借り馬を買い戻そうとしたが、またぞろ悪癖が出て賭博をして負けた挙げ句喧嘩をして牢に入れられた。後悔した彼は決心して嫌がるディンクをリンダに預けた。しかしディンクは途中で汽車を降りて帰ってきた。それに力を得たチャンプはメキシコの選手権争奪試合に出ることとなった。練習に遠ざかっていたチャンプに勝ち目はなくラウンドを追うと共にダウン寸前となったがディンクのために賞金を得たい親心の一心でついに敵をノックアウトした。喜びもつかの間、心臓が弱っていたチャンプは無理がたたってか、更衣室で帰らぬ人となってしまう。残されたディックはリンダに引き取られていくのだった。

作品データ

原題
The Champ
製作年
1931年
製作国
アメリカ
配給
MGM
上映時間
86分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?