猫侍 南の島へ行く|MOVIE WALKER PRESS
MENU

猫侍 南の島へ行く

2015年9月5日公開,85分
  • 上映館を探す

江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人と一匹の白猫の交流を描く人気TVシリーズの劇場版第2弾。剣術指南役の仕事の話を受けた浪人・斑目久太郎が、愛猫・玉之丞を連れて土佐へと向かう姿を描く。「テルマエ・ロマエ」シリーズの北村一輝が浪人を演じ、「TOKYO TRIBE」の高山善廣、「さよなら渓谷」の木下ほうか、「市民ポリス69」の酒井敏也が共演。監督はTVシリーズを手掛けた渡辺武。

予告編・関連動画

猫侍 南の島へ行く

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

無双一刀流免許皆伝の腕前で“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だった斑目久太郎(北村一輝)は、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送っている。そんなある日、タエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。単身赴任に気乗りしないながらも、久太郎は愛猫・玉之丞を連れて土佐へと旅立つが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実は、久太郎と妻・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、忍者と裏で手を引いていたのだった。それでもなんとか小舟に乗り込み土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えながらも島を発見。だが四国だ、土佐だと喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
85分

[c]2015「続・猫侍」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 門倉カド

    3
    2015/9/12

    【賛否両論チェック】
    賛:そのゆるい世界観に、思わずニヤけてしまう。主人公の心の中でのツッコミもステキ。また、猫好きならその一挙手一投足に、癒されること間違いなし。
    否:雰囲気はほんわかしたゆるいお話なので、本格的な時代劇を観たい人には絶対不向き。

     さすがは「猫侍」。今回も、そのシュールな世界観は健在です。しかも今回は南国の島が舞台なので、より一層ツッコミどころが満載で、真面目に観ていると思わず笑ってしまいます。シュールな登場人物達や、面食らうような事件の連続に、久太郎が心の中でツッコミを入れる一言が面白くて、秀逸です。さすが北村一輝さん、ステキです(笑)。
     そしてこの作品のもう1つの魅力は、何といっても猫達の可愛すぎる名演技(?)の数々です。本作ではまさかの恋模様も巧みに描かれているので、その辺りも要注目です。
     という訳なので、時代劇として真剣に観るよりは、ゆるーいコメディタッチの映画として、ゆるーくご覧になるのがオススメです。当然デートや家族でも安心してご覧いただけますので、猫好きな方を誘って、是非観てみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告