ヴェルサイユの宮廷庭師|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヴェルサイユの宮廷庭師

2015年10月10日公開,117分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランス国王ルイ14世が17世紀に造りあげたヴェルサイユ宮殿。その増改築の際に庭園の設計に携わった名もなき女性庭師と庭園建築家との愛を描くドラマ。ケイト・ウィンスレットが度重なる困難を乗り越えていく女性庭師のサビーヌを、庭園建築家のル・ノートルを『君と歩く世界』のマティアス・スーナールツが演じる。

予告編・関連動画

ヴェルサイユの宮廷庭師

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランスの田園地方の庭園で暮らすサビーヌに思いも寄らぬ仕事のオファーが舞い込む。国王ルイ14世が計画する新たな王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家ル・ノートルが面接を担当するが、伝統と秩序を重んじるばかりにサビーヌと対立。それでも自由な精神で向き合う彼女の言葉が忘れられず、庭園造りを任せようとする。

作品データ

原題
A LITTLE CHAOS
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA
上映時間
117分

[c]BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2015/10/14

    Alan Rickmanのルイ14世、良いなぁ~威厳があって、優しさと厳しさが有って。
    弟のフィリップ1世がStanley Tucciって言うのも美味しいよね。

    女性が一人で生きていくのは大変だっただろうなぁ‥と思う。女性庭師も珍しかっただろうし。
    しかも失意の中。あの時代の男の身勝手さには驚かないし、貴族のスキャンダルにも驚かないけど。

    監督としてのAlan Rickmanも結構好き。
    Sean Biggerstaffも使って欲しかった。貴族役、似合いそう♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告