ドローン・オブ・ウォー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドローン・オブ・ウォー

2015年10月1日公開,104分
R15+
  • 上映館を探す

遠隔操作で敵地を攻撃する無人機ドローン。人間が直接手を下す事のない、現代の戦争の恐ろしい実態を、ひとりのドローン操縦士の異常な日常を通してリアルに映し出す人間ドラマ。イーサン・ホークが『ガタカ』などのアンドリュー・ニコル監督とタッグを組み、戦場に行かずにしてPTSDに苦しまされる主人公を熱演する。

予告編・関連動画

ドローン・オブ・ウォー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ空軍の少佐であるトミーは、ラスベガスの基地に設置されたコンテナの中で無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロあまりも離れた異国でのミッションを繰り返していた。クリックひとつで爆撃を行う、まるでゲームのような任務を終え、妻子の待つマイホームへ帰る。そんな日常を過ごしていたトミーだったが、やがて精神を病んでいく。

作品データ

原題
GOOD KILL
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
104分

[c]2014 CLEAR SKIES NEVADA, LLC ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    Ciel

    5.0
    2016/12/17

    戦場から1万2000キロ離れた安全な米国内から無人攻撃機を操縦するパイロット。 前半は、この主人公の心理描写で映画が成立するのか心配になったが、驚くべきことに無人攻撃機のパイロットであっても精神的に病むのだということを思い知らされる。 また、タリバンへの攻撃をやめればアメリカが報復されるので、戦いをやめることができないという、この戦争の難しさも重いテーマである。 余談だが、1発6万5000ドルもするヘルファイアミサイルを対戦車ではなく対人攻撃に用いいていることもある意味では衝撃的だ。 空軍のF-16パイロットが、夜間に航空母艦に着艦した、というセリフがあり、可能なのかが気になったのだが、調べるとF-16には非常用のアレスティング・フックが備えられており、パイロットの技量によっては可能なのかもしれない。 ラストで主人公は焼身自殺するとみていたが、予想は外れた。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2015/10/3

    評価の分かれる作品かもしれない。 ほぼゲーム感覚、でも現実。これを重いとするか否か。 現実にこんなことがあっていいのか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/10/1

    【賛否両論チェック】 賛:戦場に行かずして戦っている現代の戦争の実態に、心底驚かされる。そして、そんな戦争がもたらす悲惨さや虚しさを、改めて浮き彫りにする展開にも、深く考えさせられる。 否:どうしても単調な任務のシーンが続くので、戦争映画に興味がないと、退屈しそう。必要性に疑問を感じるラブシーンもあり。  自分の国で普段の生活をしながら、地球の裏側の戦争に加わっているという現代の戦争の実態に、まず驚かされます。カメラの映像だけで、全く爆音がしない爆撃の描写や、トーマスが悩めるスアレスに話す、 「機が撃墜されても、俺は無傷。今1番危険なのは、帰りの高速道路での運転だ。」 というセリフなんかに、全てが表れていると思います。  同時に、どんなに形が変わっても、戦争が多数の無関係な人々の命を奪い、関わる者の心を蝕んでいく悲しいものであるという普遍的なテーマにも、しっかりと言及しているのが印象的です。  軽い気持ちで観られる内容ではありませんが、現代における戦争の悲惨さを改めて考えさせられる、そんな作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告