カプチーノはお熱いうちに|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カプチーノはお熱いうちに

2015年9月19日公開,112分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「あしたのパスタはアルデンテ」のフェルザン・オズペテク監督が、南イタリアの小さなカフェを舞台に、1組のカップルを中心とした友人や家族たちの13年に渡る関係を描いたドラマ。出演は、「パリより愛をこめて」のカシア・スムトゥニアク、テレビ『Il commissario Rex』のフランチェスコ・アルカ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南イタリアのレッチェ。親友のシルヴィア(カロリーナ・クレシェンティーニ)、ゲイのファビオ(フィリッポ・シッキターノ)とともに“カフェ・タランチュラ”で働くエレナ(カシア・スムトゥニアク)はある日、乱暴な男アントニオ(フランチェスコ・アルカ)と出会う。アントニオはシルヴィアの新しい恋人だったが、勝気で正義感の強いエレナは真っ向から対立。互いの第一印象は最悪だった。そんな中、自分のカフェを持つ夢を抱いていたエレナに転機が訪れる。市が20年契約で経営者を募集しているという物件を、ファビオが見つけてきたのだ。開店準備を進めるエレナは、やがてアントニオが識字障害を持ち、文字が読めないことを知る。これをきっかけに、アントニオのことが気になり始める。だが、親友の恋人で生き方も性格も正反対の男に惹かれる自分を、素直に受け止められずにいた。13年後。エレナとファビオの“カフェ・ガススタンド”は無事に13周年を迎えていた。一方、結婚して2人の子どもをもうけたアントニオとの関係はすっかり冷え切り、夫婦げんかが絶えない。そんなある日、叔母に誘われて受けた検診で、エレナは自分が乳癌に冒されていることを知る。それを聞いたアントニオは、ショックを隠し切れない。病院で化学療法を受けながら、気丈に振る舞い続けるエレナ。ある夜、2人になったエレナとアントニオは、互いを必要としながらも、何気ない会話しか交わすことができずに涙を流すのだった。やがて、エレナは仕事中に倒れて入院。同室のお茶目な入院患者エグレ(パオラ・ミナッチョーニ)の存在や周囲の励ましもあり、前向きに治療を続けていた。ある晩、ようやく素直になれたエレナとアントニオは、病室の狭いベッドで愛を交わす。しばらくして、隣のベッドにいたエグレが亡くなる。それを知ったエレナは、生きる希望を失い、失意のままエグレの赤いスカーフを手に、ある行動に出る……。

作品データ

原題
ALLACCIATE LE CINTURE
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
イタリア
配給
ザジフィルムズ
上映時間
112分

[c]2013 All rights reserved R&C Produzioni Srl - Faros Film [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/10/1

    この監督の手法が凄い。
    ある日突然13年後に話が飛ぶ。
    そこは強引では無くわざとらしくも無く自然なんだけど、あれ?その間に起きた事は?思い切ったな~と思いながらも13年後の世界を受け入れ引き込まれ涙する。
    だけど最後は、そんな未来を知らない、初々しい二人で終わる。

    これから起こる楽しい日々も、辛い運命も、私達は知っているけど、二人は知らない。
    ただただ愛おしく美しい時間を過ごしている。
    何度も行ったり来たりするわけじゃない。切り替えが上手い。ちょっと驚いた。

    それと、若い頃は正反対で違う生き方をしてきたママと叔母さん姉妹が、年取ったらそっくりなのが上手いな~妙にリアル。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/9/9

    「どうして…」
    そんな時
    ほんとうが見える

    「なぜ…」
    そんな時
    やさしさが分かる

    光がまぶしいうちに
    いのちが熱いうちに
    たくさん笑おう
    たくさん泣こう

    違反報告