orange-オレンジ-|MOVIE WALKER PRESS
MENU

orange-オレンジ-

2015年12月12日公開,139分
  • 上映館を探す

ファンタジーテイストのラブストーリーとして幅広い層から支持を受ける「月刊アクション」連載の少女コミックを、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインを演じた土屋太鳳主演で映画化。10年後の自分から届いた手紙によって、悲しき運命を変えようとする女子高生の純愛を描く。「まれ」でも相手役を演じた山崎賢人が転校生の翔役で出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

自分に自信がなく奥手な女子高生の菜穂の元にある日、10年後の自分から手紙が届く。そこには東京から転校してくる翔を好きになる事、だが、翔は1年後には死んでしまっている事などが書かれていた。はじめはいたずらだと思っていた菜穂だったが、書かれている事が次々と起こり、手紙を信じる一方で、悲しい運命を変えようとする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
139分

[c]2015「orange」製作委員会 [c]高野苺/双葉社 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/12/31

    という発想がまずは◎。 それと土屋太鳳と山崎賢人というフレッシュコンビが良いですね。会場は現役女子高生であふれていましたが、その多くが、賢人目当てなのは明らか。夢を与えてくれます。 「愛とは決して後悔しないこと」という言葉もありますが、後悔ばかりしているのが、人生でもあります。 映画は、彼女たちに届いたでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/12/17

    なめらかなお話です。 土屋太鳳ちゃんが良い意味で地味で自然でよかったです。 ほんわかしあわせ感を味わいたい方にオススメ。 恋愛がうまくいってる方々にオススメ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/12/17

    【賛否両論チェック】 賛:大切な人の未来を守るために奔走する主人公や、そんな2人のことを知り、惜しみない協力をし続ける仲間達の友情が、感動を誘う。 否:ゆったりとした展開の割に上映時間が長いので、興味がないと退屈すること必至。  〝未来からの手紙”という予想外の出来事に戸惑いながら、それでも大切な人を死なせまいと必死になる主人公の健気な姿が、非常に切なく映ります。そして、そんな主人公の言葉を信じ、友のために協力を惜しまない仲間達の絆にも、思わずホロッとさせられます。リレーに立候補するシーンなんかは、まさに感動的です。 「重たい時は、無理に持たなくていい。俺達がいるから。」  そんなセリフが心に染みます。  しいて言えば、ストーリーが結構静かで淡々と進むので、上映時間が長いのが少し気になってしまうのが、たまに傷でしょうか。  それでも、未来は自分達の意志で変えられる。そんなメッセージが詰まった心温まる作品です。是非ご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告