ルドルフとイッパイアッテナ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルドルフとイッパイアッテナ

2016年8月6日公開,89分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ノラ猫たちの交流を描き、ベストセラーとなった斉藤洋の児童文学を3DCGでアニメ映画化。都会で迷子になってしまった猫のルドルフが、ボス猫のイッパイアッテナと出会い、ノラ猫としての生き方を学び、絆を深めていく姿がつづられる。主人公ルドルフの声を井上真央、イッパイアッテナの声を鈴木亮平が演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

岐阜で大好きなリエちゃんと暮らしていた黒猫のルドルフはある日、長距離トラックの荷台に迷い込んでしまう。目が覚めたのは大都会・東京で、街をさまよっていたルドルフはノラ猫のボス、イッパイアッテナと出会う。故郷へ帰れず、イッパイアッテナと一緒に過ごすようになったルドルフは、ノラ猫としての生き方を教わっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
89分

[c]2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2016/8/16

    ヤッシーファンのカミさんのお供で観賞。
    これぞ日本漫画。気持ち良いアニメ作品です。
    「ジャングル大帝」を思い出しました。
    冒険と成長、絆と別離。挫折と挑戦。子供が成長して逞しくなっていくようです。
    造形のリアリティではなくデフォルメ化した画とマッチした声優陣で感情のリアリティを豊かに描いています。
    作中でもありましたが、江戸川区北小岩エリアをイメージしているようで、ヒントは親水緑道。おそらくは京成小岩駅から江戸川河川敷の間のエリアを下敷きにしていると思われます。
    子供向けというよりは、子育てする父親にイッパイアッテナのダンディズムを汲み取ってほしい快作です。
    それにしても、ヤッシーや古田さんはドハマりでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2016/8/6

    日本のアニメ技術は本当にすごいです。
    岐阜と東京の四季折々の風景は、もしかしたら実物以上に美しいくらい。
    二十年位前だと思いますが、NHKで絵本の読み聞かせの番組でこの原作を知りました。絵本の挿絵だけの映像なのにとても素晴らしい画面構成でしたし、今回チラリと声の出演の毒蝮三太夫さんの語りにも感動しました。
    話の展開は、今回は2冊を1本の作品にまとめたためエピソードを追うこと中心になってしまって、猫たちの信頼関係ができるまでの描かれ方が案外あっさりになってしまいました。
    イッパイアッテナと飼い主の再会シーンや猫用入り口の話は絶対に映像で見たかったなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2016/7/16

    ルドルフのクリンクリンな目、かわいいことかわいいこと♥
    イッパイアッテナは超おっさんなのに、おねだりの鳴き声はルドルフも顔負け!!

    話の流れは想像通りだけど、イッパイアッテナが捨てられたみたいな設定は……………………….。
    ルドルフがいなくなって1年が過ぎたら元飼い主は……………………、の行動はちと頂けなかった。

    猫ちゃんが、勉強したら字を読めるようになったらすごいよね~ぇ。
    ま~ぁ、笑って泣けて、楽しく観れました。
    メッセージ性もありましたよ(^_-)-☆

    違反報告