BLACK ROOM|MOVIE WALKER PRESS
MENU

BLACK ROOM

2015年9月12日公開,90分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エリートの同僚に嫉妬し、その婚約者を監禁して支配しようとする男の姿を描くバイオレンス作品。監督・脚本・主演は、「老獄 OLD PRISON」の辻岡正人。出演は、ドラマ『守護神・ボディーガード 進藤輝3』の夕樹ゆう、「最近、蝶々は…」の朝霧涼。第67回カンヌ国際映画祭マルシェデュフィルム部門正式出品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

報道会社に勤務するディレクターの毬乙(辻岡正人)は、自分の未来を鑑定してもらった占い師から、近い未来「死」が訪れることを告げられる。仕事ができずスクープが撮れない毬乙は、優秀な神堂(朝霧涼)へ嫉妬しながら、神堂の婚約者・清住(夕樹ゆう)へ片思いをしている。清住の性的な写真を盗撮していた毬乙は、やがて衝動が抑えられなくなり、自宅の倉庫を自力で鉄格子部屋へ改造する。毬乙はストリートギャングの刺殺事件に関する貴重な書類を入手しており、それを駆使して清住を自宅に誘導し、鉄格子部屋へ監禁する。清住は頑丈な監禁部屋から脱出することができず、毬乙に監視された奴隷のような生活を送ることになる。清住は与えられる食事も頑なに拒否し、排泄を行えば異臭を馬鹿にされるなど、精神も肉体も疲弊していく。毬乙は彼女の心と体を奪おうと試みるも、彼女は彼の思い通りになるくらいなら死を選ぶと、何をしても拒否と抵抗をする。やがて毬乙は死が近いことを悟り、心が奪えないのならせめて体を奪おうと、電動ノコギリを手に彼女へ襲いかかるが……。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
日本
配給
辻岡プロダクション
上映時間
90分

[c]2015 TSUJIOKAPRODUCTION/TSUJIOKAMASATO [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?