ローマに消えた男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローマに消えた男

2015年11月14日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のトニ・セルヴィッロが一人二役を演じる政治ドラマ。突然失踪した政治家の替え玉となった男が、たちまちメディアや大衆を魅了していく。監督・脚本・原作は「そして、デブノーの森へ」のロベルト・アンドー。共演は「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のヴァレリオ・マスタンドレア、ミケーラ・チェスコン、「華麗なるアリバイ」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、「イル・ポスティーノ」のアンナ・ボナイウート。イタリア映画祭2014にて「自由に乾杯」のタイトルで上映。

予告編・関連動画

ローマに消えた男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリア最大野党を率いるエンリコ・オリヴェーリ(トニ・セルヴィッロ)が就任して数年。最新の世論調査では党の支持率は低迷し、イタリア統一選挙を前に彼は政治家としてキャリア最大の危機に直面していた。党の全国大会で、壇上に上がったエンリコに客席の中年女性から「お前が党をダメにした」と猛烈な罵声が飛ぶ。その翌日、エンリコは、妻アンナ(ミケーラ・チェスコン)や腹心の部下アンドレア(ヴァレリオ・マスタンドレア)にも何も告げず、突然ローマから失踪する。アンナとアンドレアが知恵を絞った末の解決策は、エンリコの双子の兄弟ジョヴァンニ・エルナーニ(トニ・セルヴィッロ)だった。哲学の教授であるジョヴァンニは、長らくエンリコとは疎遠の仲で、心の病の治療を終えて施設を退院したばかり。しかし、ジョヴァンニの弁舌の巧みさに驚いたアンドレアは、彼をエンリコに仕立てる"替え玉作戦"を決意する。その作戦は大当たりだった。アンドレアの不安をよそに、書記長の行事をひょうひょうとこなすジョヴァンニ。やがて彼は、機知とユーモアに富んだ言葉を巧みに駆使し、たちまちメディアや大衆を魅了、党の支持率を急回復させていくのであった。その頃、ローマから失踪したエンリコは、パリに住む元恋人のダニエル(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)のもとに事情を隠したまま身を寄せていた。映画のスクリプターをしているダニエルの仕事先に同行したエンリコは、病気で倒れた小道具係の代役として撮影現場で働き始める。書記長としてのプレッシャーから解放され、これまでの人生と今の自分を見つめ直したエンリコは、少しずつ心の平穏を取り戻していくのだった。一方、ローマではジョヴァンニがますます党のリーダーとしてカリスマ的な風格を漂わせていた。しがらみに一切囚われずに社会や政治の正しいありようを説くジョヴァンニの人柄に、アンドレアもすっかり心酔していた。そんなある日、数万人の市民が集結した屋外の大集会でステージに立ったジョヴァンニは、あらゆる聴衆の心を揺さぶる情熱的なスピーチを披露。来たる選挙での党の大勝利を決定づけるが……。

作品データ

原題
VIVA LA LIBERTA
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
イタリア フランス
配給
レスペ トランスフォーマー
上映時間
94分

[c]BibiFilm [c]RaiCinema [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/11/18

    これは・・期待以上の秀作でした。

    まずToni Servilloの一人二役が、とても同一人物が演じているとは思えない。
    同じ顔なのに。性格は全く違う。・・違うのか?環境のせいなのか?それは解らないけど。

    取り返しがつかない事をするのではないかと言う不安を余所に、人々を魅了して行くジョヴァンニ。
    自分の好きな哲学に没頭し、自由に生きてきた人間と、政治に目覚め人民を率い政治家として日々プレッシャーと戦ってきた人間の違いかもしれない。
    どっちの人生がより良いかなんて解らないけど。

    取って代わられる不安は無かったのかな・・?帰る場所がなくなる不安は‥?
    エンリコから見ても彼の言動は好感持てたのかな・・?自分が今までして来た事を否定されているような気持には?
    だけど電話で、彼は感謝を述べる。動揺して電話を切ったのはジョヴァンニの方。どんな心理が働いたんだろう。

    消えたのはどっちで、帰って来たのはどっち?
    変わったエンリコと心を魅了したジョヴァンニ。どっちで合って欲しいのか・・深いわ。

    ジョヴァンニがBertolt・Brechtの詩を引用したスピーチのシーンが凄く良かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告