ヘリオス 赤い諜報戦|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヘリオス 赤い諜報戦

2016年1月9日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「コールド・ウォー 香港警察二つの正義」の監督チームのもと香港や中国、台湾、韓国の人気スターが集結、日本を含め東アジアを股にかけ撮影されたサスペンス・アクション。超小型核爆弾をめぐり怪盗団や各国が熾烈な攻防を繰り広げる。香港からは「孫文の義士団」のジャッキー・チュン、「激戦/ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、「インファナル・アフェア」シリーズのショーン・ユーが、中国本土からは「孫文の義士団」のワン・シュエチーが、台湾からは「黒衣の刺客」のチャン・チェンが、そして韓国からはアイドルグループ『SUPER JUNIOR』のチェ・シウォンやテレビドラマ『トンイ』のチ・ジニが参加している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

謎の怪盗団ヘリオスの部下である『使者』(チャン・チェン)らにより、韓国が開発した超小型核爆弾DC-8が奪われてしまった。ヘリオスが香港でDC-8を取引するとの情報を掴んだ香港警察は核の研究者であるシウ教授(ジャッキー・チュン)を危機対策本部の顧問に迎え、リー隊長(ニック・チョン)を中心に対策にあたる。韓国政府により香港に派遣された国家情報院理事官・チェ(チ・ジニ)と護衛のパク諜報員(チェ・シウォン)は、香港警察のファン警部(ショーン・ユー)とともに取引現場へ。そして『使者』の取引先である密輸組織と香港警察とが衝突。その隙をついて『使者』は逃げるが、それを追ったパクはDC-8を取り戻すことに成功する。しかし中国公安警察のソン部長(ワン・シュエチー)が現れ、韓国へのDC-8引き渡しに待ったをかける。香港一帯を吹き飛ばすほどの威力を持つDC-8をめぐり香港・中国・韓国それぞれの思惑が絡む中、再びDC-8を奪おうとする『使者』が動き始める。

作品データ

原題
赤道
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
中国
配給
彩プロ
上映時間
118分

[c]2015 Media Asia Film International Limited, Wanda Media Co., Limited, Sun Entertainment Culture Limited, Sil-Metropole Organisation Limited All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?