田沼旅館の奇跡|MOVIE WALKER PRESS
MENU

田沼旅館の奇跡

2015年12月5日公開,66分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

閉館を控えた創業100年の温泉旅館を舞台に、様々な“最後の日”を迎えようとする人たちに巻き起こる騒動を描いたコメディ。『純と愛』の夏菜がヒロインを務め、「キング・オブ・コント」の歴代王者やプロ卓球選手の四元奈生美が出演。メガホンを取ったのは、これまでテレビで数々のバラエティ番組を手掛けてきた井手比左士。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

寂れた温泉街にひっそり佇む田沼旅館は、今年で創業100周年。旅行雑誌のライター、西川奈緒(夏菜)は、以前取材で訪れたこの旅館に再び活気を取り戻そうと、張り切ってやって来る。その日の宿泊客は他に、膨らんだ会社の借金を自分の生命保険で返済しようと、“人生最後の日”を決意した会社社長・松平仁(長谷川忍)、 元妻の再婚で“親子最後”の旅行に来た岡野達彦(バッファロー吾郎A)と息子の陸(鈴木知憲)、離婚を考えて最後の旅行に訪れた秦祐次(岩崎う大)と佐和(四元奈生美)の夫婦、小説家を装って半年間宿泊を続け、時効まであと1日となった“犯罪者最後”の日を過ごす小倉五郎(じろう)。様々な最後の日を迎えようとする宿泊客たちは、田沼旅館のお抱えマジシャン・ミラクル太一(今野浩喜)の“最後のショー”を見ながら夕食を取っていた。実は、田沼旅館も今日が“営業最後”の日。オーナー兼支配人の田沼茂樹(角田晃広)と妻・加恵(遠藤久美子)の努力の甲斐なく、資金難を理由に閉館が決まっていたのだ。だが、茂樹の父で先代支配人の紋吉は、ある男の再訪を待っていた。その男とは、超有名演歌歌手の栗林倫太郎(ロバート秋山)。10年前は金も住む場所もないミュージシャンだった彼を、無料で宿泊させた上に、ギャラまで払ったのだ。その時、彼が口にした“ビッグになって、10倍、100倍にして返します!”という言葉を忘れず、10年間待ち続けていた。その頃、大浴場の前では祐次と佐和が卓球台でラリーを続けていた。それが延々続いていることに気付いた奈緒は、“世界記録を生み出した旅館として有名になるかも!”と興奮。松平も“会社を救うかも”と、その模様を全世界に配信スタート。都内の喫茶店では、キング・オブ・コントのためのネタ作りをしていた漫才師・バイきんぐがその配信に釘付けになっていた。世界記録更新まであと4時間。田沼旅館に奇跡は舞い降りるのか!?

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
KATSU-do
上映時間
66分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?