マジカル・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マジカル・ガール

2016年3月12日公開,127分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

失業中の父親が、病気で余命わずかな娘の望みを叶えてやろうとしたことから、出会うはずのなかった人々が思わぬ運命に巻き込まれてゆく。ブラックユーモアに包まれた独創的なストーリーを、アニメや歌謡曲などの日本テイストが彩る。監督は、人気漫画『ドラゴンボール』を再解釈したコミックを出版するなど、日本のサブカルに精通したカルロス・ベルムト。初監督となる本作で、サン・セバスチャン国際映画祭グランプリと監督賞を受賞した。出演は「赤いブーツの女」のホセ・サクリスタン、「私が、生きる肌」のバルバラ・レニー、「世界で一番醜い女」のルイス・ベルメホ、本作でスクリーンデビューを飾ったルシア・ポジャン。

予告編・関連動画

マジカル・ガール

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

12歳の少女アリシア(ルシア・ポジャン)は、白血病で余命わずか。そんな彼女の願いは、大好きな日本のアニメ『魔法少女ユキコ』のコスチュームを着て踊ること。文学の教師だった父ルイス(ルイス・ベルメホ)は失業中にもかかわらず、娘の最後の願いをかなえてやろうと、そのコスチュームを手に入れようとする。ところが調べてみると、それは7千ユーロもする高額商品だった。金策に奔走したものの、失業中の身ではいかんともしがたく、やむなく高級宝飾店への強盗を決意。大きな石で店の窓を叩き割ろうとした、まさにその瞬間。空からおう吐物が肩に降ってきた。それは、精神科医の夫と暮らしながらも心に闇を抱えた女性バルバラ(バルバラ・レニー)が、大量の薬を酒で流し込んだ結果、気分が悪くなって窓から吐き出したものだった。逃げようとするルイスを呼び止め、自宅に招き入れるバルバラ。汚れた服を洗濯すると、バルバラはルイスに抱いてくれるよう求め、2人は関係を持つ。翌日、ルイスはそのことをネタに、7千ユーロを要求してバルバラを脅迫。やむなくバルバラは、裏の仕事をしているかつての仲間、アダ(エリザベト・ヘラベルト)の元を訪れると、豪邸で暮らす車椅子の男の暴行に耐え、7千ユーロを手に入れる。その金を受け取り、アリシアにコスチュームを買ってやるルイス。ところが、魔法のステッキが足りないことに気付き、再びバルバラを脅迫。やむなく、豪邸を再訪するバルバラ。心身ともに傷を負ったバルバラは、自分と過去に因縁を持つ刑務所から出たばかりの元教師ダミアン(ホセ・サクリスタン)に救いを求める。バルバラに会うことを恐れていたダミアンだったが、自分を“守護天使”と呼ぶ彼女の変わり果てた姿に心を決め、ルイスの尾行を開始。出会うはずのなかったアリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン。やがて彼らの運命が交錯し、予想もしなかった悲劇へ向かってゆく……。

作品データ

原題
Magical Girl
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
スペイン
配給
ビターズ・エンド
上映時間
127分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2016/5/19

    【賛否両論チェック】
    賛:主人公達が織り成す独特な世界観と、衝撃的な終わり方が印象に残る。様々な伏線の回収も見事。
    否:お話そのものはかなりシュールで、後味の悪さも残る。全裸のシーン等もあり。

     一言でいうと、「とってもシュールなサスペンス」といった印象です。難病の娘のために恐喝を始めてしまった父と、金を用意しようとする一心で、次第にたがが外れていってしまう1人の女性。2人を取り巻く人間模様がシュールに交錯していく様子が、なんとも言えない不思議な世界観を作り出していきます。
     そして、最後に迎える衝撃的な結末も、本作を語る上で欠かせません。理不尽な中にもウィットに富んでいるそのラストは、秀逸と呼べると思います(笑)。
     一見すると無意味なように思えたシーンや、無関係なように感じたシーン同士が、次第にそれぞれ繋がっていく様子も見事です。
     好き嫌いは分かれそうですが、気になった方は是非。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2016/3/15

    マジカル・ガール・・誰の事かしら?
    魔法少女に憧れる少女では無くて、バルバラの事かもしれませんね。

    自分の美しさも、その活かし方も知っている。
    幼い頃から。

    美しさを武器にすることが狡賢いなんて思いませんよ?
    頭脳や技術と同じ恵まれた才能ですから。

    翻弄されるダミアンとルイスの二人がどちらも元教師と言うのも皮肉。
    モラルに生きているせいか、モラルが崩れたら弱い。

    病気の少女が可哀想・・とか、最後に報われるとか、正義とか、そう言う事は一切ない。
    誰もが自分の欲求のままに動く。

    病気だから色々試してみたい娘。先の無い娘だから何でも叶えてあげたい父。
    夫に捨てられない為なら何でもする妻。美しい妻を所有していたい夫。
    そして魅惑の人に頼られることに喜びを見出す男の嫉妬心。

    誰にも止められない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告