偉大なるマルグリット:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
偉大なるマルグリット

偉大なるマルグリット

2016年2月27日公開、129分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

型破りな歌声で人気を博した実在のソプラノ歌手に着想を得たドラマ。歌が生きがいのマルグリットは、自分が音痴だと気づいていなかった。観客の前で歌う喜びに目覚め、夫の理解を得られぬままに、パリでリサイタルを開こうとするが……。監督・脚本は「情痴/アバンチュール」のグザヴィエ・ジャノリ。無邪気な男爵夫人を「大統領の料理人」のカトリーヌ・フロが、夫を「不機嫌なママにメルシィ!」のアンドレ・マルコンが演じる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

偉大なるマルグリット

予告編

2015/12/24(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1920年、フランス郊外。マルグリット・デュモン男爵夫人の邸宅では、サロン音楽会が開かれていた。貴族たちが大勢招待され、辛口新聞記者ボーモンも紛れ込んでいた。主役のマルグリットが招待客たちの前に登場し、『夜の女王のアリア』を歌いだしたところ、ボーモンはその歌声に唖然とする。彼女は絶句するほどの音痴だった。それでも貴族たちは礼儀に則り拍手喝采。わざと遅れて帰宅した夫の姿もその中にあった。翌朝、心をわし掴みにする声と絶賛するボーモンの評を読んだマルグリットは感激し、お礼を言おうとパリに急ぐ。ボーモンは夫人に近づく魂胆から評を書いたが、無邪気さと大胆さに惹かれたのも事実だった。マルグリットを理解できない夫ジョルジュは、妻の友人と浮気中。マルグリットは、歌とともにこよなく愛する、オペラのヒロインになりきった撮影に夢中になる。ある日、ボーモンはパリで開かれる音楽会への出演をマルグリットに打診。出演をなんとか阻止しようとするジョルジュだったが、執事のマデルボスに止められてしまう。音楽会は大失敗。しかしマルグリットは招待客ではなく聴衆の前で歌う喜びに目覚める。そしてパリでリサイタルを開こうと、オペラ歌手ペッジーニから本格的なボイストレーニングを受け始めるが……。

作品データ

原題
MARGUERITE
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ
上映時間
129分

[c]2015 - FIDELITE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - SIRENA FILM - SCOPE PICTURES - JOUROR CINEMA - CN5 PRODUCTIONS - GABRIEL INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8 /5件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?