マギー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マギー

2016年2月6日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アーノルド・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘を守ろうと苦悩する父親を演じ、自ら製作も手がけた人間ドラマ。人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、父娘の愛を描く。アビゲイル・ブレスリンがゾンビ化していく娘に扮し、愛する家族を襲うかもしれないという不安にさいなまれる心情を丁寧に演じる。

予告編・関連動画

マギー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

感染するとゾンビ化する壊死性ウイルスが蔓延している近未来のアメリカ。田舎町に住む16歳のマギーもウイルスに感染し、特別病棟に収容されるのを恐れ、姿を消す。なんとかマギーを見つけ出した父親のウェイドは可能な限り手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。だが、マギーのゾンビ化は進行し、ウェイドは決断を迫られる。

作品データ

原題
MAGGIE
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ポニーキャニオン
上映時間
95分

[c]2014 Maggie Holdings, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/3/5

    最初から最後まで重苦しく映像も暗く、 シュワちゃんまで重苦しく暗く 心苦しくなる内容でした。 ゾンビ映画とと言っても ほとんどゾンビは登場しません。 ゾンビ映画と言っても ほとんど人を襲うシーンもありません。 これはゾンビという形を使って HIVなど感染患者の苦悩や差別などを 描いているのかもしれません。 親が子を守ろうとする気持ち、 親が子を信じる気持ちを シュワちゃんが重厚な演技で見せてくれました。 筋肉を見せないシュワちゃん。 シュワちゃんの新境地が観られました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告