獣は月夜に夢を見る:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
獣は月夜に夢を見る

獣は月夜に夢を見る

2016年4月16日公開,85分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ラース・フォン・トリアー監督作品に美術アシスタントとして参加したヨナス・アレクサンダー・アーンビーによるホラー。北欧の小さな村に住む少女の体に奇妙な変化が現れ始め、やがて制御できなくなっていく。彼女の哀しい秘密とは……。恐ろしい運命に直面する主人公を、本作でデビューを果たしたソニア・ズーが演じる。ほか、テレビドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シーズン3のラース・ミケルセン、「特捜部Q 檻の中の女」のソニア・リクター、「コン・ティキ」のヤーコブ・オフテブロが出演。第67回カンヌ国際映画祭批評家週間正式出品作品。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

獣は月夜に夢を見る

予告編

2016/1/28(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海にほど近い小さな村で、少女マリー(ソニア・ズー)は両親と暮らしていた。母(ソニア・リクター)は病気を抱えているが、父(ラース・ミケルセン)はそのことについて何も教えてくれない。村の住人たちはなぜか車椅子に乗る母を恐れており、マリーに対しても訝しむような目で見てくる。ある日マリーは職場でダニエル(ヤーコブ・オフテブロ)と出会い、孤独な二人は惹かれ合っていった。その頃、マリーの身体に異変が起こり始める。奇妙な感覚が強まっていき、やがてそれを抑えきれなくなってしまった。マリーの身体に起きた異変や彼女の母の病気には、秘密が隠されていた。抗えない運命を知ったとき、マリーとダニエルはある決断をする。

作品データ

原題
NAR DYRENE DROMMER
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
デンマーク=フランス
配給
クロックワークス(提供 クロックワークス=博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)
上映時間
85分

[c]2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?