この世界の片隅に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

この世界の片隅に

2016年11月12日公開,126分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。『マイマイ新子と千年の魔法』で評判を呼んだ片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求などを重ね、すずの生きた世界をリアルに描く。主人公の声をのんが演じる。

予告編・関連動画

この世界の片隅に

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

広島市の江波で生まれ、1944年の2月に18歳で呉にお嫁にやってきたすず。海軍勤務の文官・周作の妻となった彼女は、優しい夫の両親や厳しい義姉の径子、個性豊かな隣人たちに見守られながら毎日のくらしを積み重ねていく。だが、日本海軍の一大拠点だった呉は度重なる空襲に遭い、すずが大切にしていたものは失われていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
126分

[c]こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    ましぐらに。

    3.5
    2021/4/4

    子供との平和学習として。

    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    4.0
    2019/8/5

    いつもぼうっとしているが、絵を描くのが抜群に上手いヒロインすずと、彼女の周りの物語。
    広島と呉という、2つの都市。前者はヒロインの故郷。後者は嫁ぎ先。冒頭の昭和初期の人さらいエピソードが、まるで日本むかしばなしのようにメルヘンチックで、しかもそれがヒロインの運命に決定的に関わっている。現実と夢を織り交ぜた前半の描き方が上手い。
    後半は、本土への爆撃が激しくなり、呉は大損害、広島はわりと何事もなし。一時はヒロインすずは、実家への「疎開」を勧められるが・・。
    コトリンゴの音楽のやわらかさ、のんの声のやわらかさ、そしてこうの史代原作のやわらかさと、全体を通じて、「銃後」の女性たちが戦争をいかに乗り切ったか、何を失い、何を得たか、そしてヒロインの心の成長は・・

    何となしに、劇場に続いて、先日テレビで鑑賞。やはり最初から最後まで引き込まれました。描写の細やかさが素晴らしい。とてもクラウドファンディングで作られたとは思えない。

    女性ならもっとこの作品に感情移入できるでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2017/7/20

    とても哀しいが涙が出るわけでなく、ただ暗い気持ちが続く映画。そして、ルールを守らせることが正義で、ルールを吟味する習慣のない民族国家の日本に、腹がたつ。
    そんな中でも、何も考えずに、自己主張をせずに流されて行く生き方に、初めて疑問を感じたすず。日本も目覚めるべきだ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2017/4/14

    原作の漫画を読んでいないので、このアニメの世界の矮小性がどこから来ているのか、定めがたいが、呉軍港の「片隅に」生きた、一女性の大戦中の日常生活が淡々と描かれているのが、本作である。ストーリーの構図としては、謂わば自然災害としての戦争があり、その災害に襲われ、それに耐え、それでも前向きに生きていくという、戦争の被害者としての一国民という視点が気になる。歴史的事実として、日本は朝鮮を併合し、中国大陸で侵略戦争を遂行していたという事実も述べられてしかるべきではないのか。

    それと、アニメの作画についてだが、登場人物、とりわけ女性の顔がどれも似たように見えて、僕は区別が中々つかなかったが、それは僕の顔の認識能力が弱まったせいだろうか。
    自問とするところである。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2017/2/8

    昭和初期の生活を、世相のみならずその物質的なディテイルまでも、可能な限り再現しようと試みた作品、という点において非常に有意義。

    リテラシーの無い人には、遠い昔の日本人を美化するだけで終わりかねず、歴史歪曲に利用される危険もある内容ですが、
    (例えば本作では、主人公の住んでいる所を、畑が広がる郊外に設定する事で、現実の都会にあった朝鮮人差別や、(日米開戦から敗戦までの)白人(白人とのハーフも含む)差別など、日本の大衆の冷たさが顕在化していた世相は、描かずに済ませている)

    リテラシーがある人が見れば、民主主義になってから70年経っても成長しない、日本の大衆像が、正確に描写されている作品とも言えるでしょう。

    また、普段平和運動に関わっている人達の一部に、この映画を絶賛する一方で「君の名は」をこき下ろしている人達がいるようですが、両者は、そのストーリーからして比較が可能な作品ではないし、人物描写という点で見れば、本作より「君の名」の方が、掘り下げて描かれていると思います。

    いずれにせよ、反戦の文脈で本作を賞賛するというのは、ちょっと薄っぺらな対応ではないかと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ペンギンのヨッド

    5.0
    2017/1/16

    自分の両親が、岡山と広島で戦争体験をしていたので、この映画は今まで観てきた戦争映画で、最もリアルな作品だった。原爆ドームになる前の産業会館。砂糖が無く、お菓子が食べられなかった事。どんどんひどくなる食糧事情。空襲。見慣れた光景が焼土と化した事。不発弾の恐怖(幸い水田に落ちたので、爆発しなかった)そして、最初は何かわからなかったキノコ雲・・全編広島弁で描かれる、ヒロインの日常が益々リアリティーを倍増させ、あの時代の恐怖を感じさせる。戦争は嫌だ!巻き込まれたら、逃げ場の無い恐怖と化す。ここまで復興したのに、また、焼土にしようとするバカが国の上にいる。やはり、今はこの映画の時代に似ている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2017/1/11

    【賛否両論チェック】
    賛:戦時中にあっても、努めて明るく生きようとする主人公やその家族が、温かい雰囲気の中で描かれるのが印象深い。同時に、そんな家族にも暗い影を落とす戦争の悲惨さも、ひしひしと伝わってくる。
    否:物語はかなり淡々と進むので、思わず眠くなってしまいそう。方言がよく聞き取れないセリフも多い。

     戦時中の1人の少女の生き様を描いた作品なので、背景は非常に重くて悲しいものです。それでも、どこか温かくてほっこりするのが、またこの作品の魅力でもあります。丘で軍艦の絵を描いていたすずが、憲兵にスパイと間違われ、憲兵が帰った途端に家族全員で笑い出すシーンなんかが、印象的ですね。
     しかし同時に、そんな温かい家庭をも容赦なく引き裂いてしまう戦争の悲しさや、虚しさが淡々と語られているのも、また見逃してはいけないところです。
     温かいけれど切なくて、切ないけれど温かい。そんな不思議なアニメーションに仕上がっています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/1/6

    これ、良いよ。と、原作を貸していただいて読んでました。
    ほのぼのとした世界観を持つすずの幼少期の記憶。
    それは不確かで不思議なのだけれど、大人になったすずに繋がっているのね。
    戦争の話はどうしても辛い。そんな生活の中にすずの存在はどこかホッとする。
    だけど、そんなすずにも、辛い事は起きて・・
    すず、以前のように笑って・・と思う。本当に、良い子だから。

    何も考えてないぼんやりした自分のままで死にたかった・・・と泣く姿は辛いね。
    正しいと、勝つと信じて頑張って来たのに、騙されたと思うよね・・
    何の為の戦いだったのか・・何の為に失ったのか・・
    悔やんでも戻らないけど、もう二度と同じ過ちを繰り返さない・・と嘗て日本は誓った筈。
    そのことを誇りに日本国民は生きているでしょ?裏切らないでね?

    私の祖母の世代なのかなぁ‥
    痛々しくて、切なくて、でも負けないで、立ち上がって生き抜いた人たちのお陰で今生きている私たち。
    戦争を知らない世代になって行く。忘れちゃいけないのに。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2017/1/3

    ということで、観に行きました。吉祥寺で観ましたが、混んでいましたね。それも中年のカップルが多かったです。
    作品はやはり素晴らしかったですね。戦中の市井の人々の暮らしぶりが余すことなく描かれています。
    今日我々がこうして暮らしているのも、彼らが、歯をくいしばって、生きる希望を失なわなかった為ですよね。
    とにかく、前を向いて生きようと思わせてくれる作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    5.0
    2016/12/30

    ずっと観たかった。
    でも観れなかった。
    だって、戦争下の物語には大泣きしてしまうから…
    試写会に当たったら観ようと思っていた。
    でも、はずれた。
    縁がないって事ね。
    そう言い聞かせていた。
    我慢していたら終わるだろうと思っていた。
    なのに大きな劇場でも公開される事になり…
    実世界では全く泣かない私…泣けない私。
    だから、唯一泣ける場所、映画館へ。

    何なんだろう…
    この気持ち。
    みんな、ひた向きなんです。
    一生懸命に流れているんです。
    そして、やさしいんです。
    普通は難しい。
    この世界の片隅の小さな出来事。
    大きな出来事の中の多くの小さな出来事。
    上手く言えないけど日本に生まれて良かったと思った。
    原爆を知らない世界の人達に観て貰いたい。
    この世界の片隅の出来事を…

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    4.0
    2016/12/23

    予告編を観たときこれは観ないなと思っていた。戦争時を描いたアニメって見るのが重いと思えてくるので・・・
    でも評判がよくって気になって観に行った。生活感が実に自然な日常を見せていて、戦争時の重さがあるんだけどその中のですずちゃんがとっても健気で、可愛くて戦時中のとっても大変なときに空襲で姪を亡くし手を失くしても一生懸命に生きていく姿が見ているこちらにも伝わってくる。もう一度観たいと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    5.0
    2016/12/14

     評判がいいし、クラウドファンディングで資金を多くの人から集めて制作された映画ということもあり、公開から一ヶ月後、遅ればせながら観に行きました。
     原作を読んだことがないので、戦争の悲惨さや残酷さが強調されている映画なのかなと想像していましたが、全く違いました。
     今年のアニメ映画では一番です。上映館数は少ないですが、ぜひ、多くの人に見てほしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    kin_chan

    5.0
    2016/11/19

    主人公のすずと周作との出会い(子どものころ)から、広島から呉に来て結婚してからの暮らし、幼なじみの水原の出征の場面。
    義理の姉の子どもを救えなかったジレンマ。
    でも、最期はハッピーエンド。
    軍国少女だったすずが、敗戦後に自立していく。
    劇場は若い人でいっぱいでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2016/11/15

    1年近く前だったど記憶していますが、この映画の公開を知った時、内容も殆ど分かっていないのに何故かポスターの絵に惹かれて、ずーっと公開を楽しみにしていた作品です。

    率直に太平洋戦争時の話です。しかし、内容はただ敗戦と悲劇続きの暗いだけのものではなく、「それでも生きていく」という力強さと「人生」の素晴らしさが描かれた、まさに傑作でした。

    アニメーションも「君の名は」のようにアニメだか実写だかわからないような最新アニメの感じではなく、水彩画のような優しいタッチで、アニメの原点に戻ったようなその感じが作品全体の優しさを引き出していました。

    また、皆さんも認めていましたが、主人公の「すず」の声はもう「のん」以外に考えられないほど一心同体化して素晴らしかったです。

    劇中に何度も「すずさんの生活は普通すぎる」とか「地味な人生」みたいなことを言われるシーンがありますが、逆に世間でいう「普通の人生」などというものはこの世の中に存在しないことに気付かされます。

    「君の名は」のような大ヒットはしないと思います。

    若い世代も殆ど観に行かないと思います。

    けれども、日本人なら観るべき傑作なのです!

    追記:
    映画鑑賞後に原作コミック(全3巻)を購入し一気に読みました。映画は原作の雰囲気を崩さず、ほぼ忠実に作られていて、あらためて製作者側の想いが伝わりました。それでも原作には映画に描かれていない小さいエピソード幾つかあり、その中でもすずがヤミ市に砂糖を買いに行った帰りに迷子になった際、帰り道を教えてくれた「白木リン」に約束のスイカやアイスクリームの絵を持って行き、再会するエピソードには胸が熱くなりました。原作も名作です!

    追記2:
    口コミで好評価が広がり、11月26日(土)から拡大公開となったため、2度目の鑑賞してきました!
    今回は原作読後の鑑賞のため、また違った視点の感動があり、あらためて多くの人に観ていただきたいと痛感しました!

    違反報告
  • rikoriko2255

    Ciel

    5.0
    2016/10/28

    東京国際映画祭で観ました。
    主人公のすずさんは子供の頃からぼーっとしていて、いつもマイペースながら、戦中の日常は過酷です。
    コトリンゴさんが歌う主題歌「悲しくてやりきれない」が歌詞の通りやるせない。
    素晴らしい映画でした。

    違反報告