ぼくが命をいただいた3日間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ぼくが命をいただいた3日間

2016年3月5日公開,56分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

冬休みの3日間を父親の故郷の山村で過ごすことになった小学生が、現地の人々との触れ合いや生活を通して、食べることの有り難さや命の尊さを学んでゆく。日本の伝統的な食文化をテーマに、人が生きることの本質を問う食育エンターテインメント。出演は『軍師官兵衛』の若山耀人、『JKは雪女』の平祐奈。「冷たい熱帯魚」のでんでん、「きいろいゾウ」の松原智恵子が脇を固める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

都会で暮らす小学6年生の悠介(若山耀人)は、生まれて初めて父・啓太(高橋和也)の故郷の山村を訪れる。啓太の勧めで、祖父母の源蔵(でんでん)とフミ(松原智恵子)が暮らす父の実家で冬休みを過ごすことになったのだ。青い空と山の緑に囲まれた“田舎”の風景に気圧されながら、ようやく辿り着いた悠介を出迎える源蔵とフミ。しかし、そんな悠介を待ち受けていたのは、茶色いものばかりのご飯、辛い畑仕事、近所に住む奇妙な老人・辰雄(坂田利夫)との出会い……。一刻も早く帰りたいという思いを募らせる悠介だったが、彼この地に止まらせていたものはただひとつ、辰雄の孫娘・明日香(平祐奈)の存在だった。だがある日、源蔵が“今夜のごちそうだ”と言って持ってきた“あるもの”をきっかけに、都会の生活では決して体験することのない出来事に遭遇した悠介はショックを受ける。そんな悠介に、“いただきます”の本当の意味を教える明日香。さらに彼女には、誰も知らない驚くべき過去があった……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
KATSU-do
上映時間
56分

[c]吉本興業 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?