教授のおかしな妄想殺人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

教授のおかしな妄想殺人

2016年6月11日公開,95分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

完全犯罪の殺人計画を妄想し、活力を得ていく大学教授が巻き起こす騒動を描く、ウディ・アレン監督によるダークなコメディ。ホアキン・フェニックスが、“人生は無意味である”という真理に到達してしまったニヒルで変人な大学教授を、彼に思いを寄せるキュートな大学生をエマ・ストーンが演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ東部の大学の哲学科教授エイブは学問にも恋愛にも身が入らず、彼に好意を寄せる教え子ジルにもそっけない。ところがある日、立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、彼の脳裏に突拍子もない考えが浮かぶ。それは誰にも疑われる事なく、自らの手で判事を殺害するというもので、急に生きる活力があふれてくる。

作品データ

原題
IRRATIONAL MAN
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ロングライド(提供 KADOKAWA=ロングライド)
上映時間
95分

Photo by Sabrina Lantos [c]2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2017/7/17

    もはやホアキン・フェニックスの十八番ともいえる
    精神が危なっかしい、少し問題ありの役柄です。
    そんな中でも今作品は、割りとあっさりとした
    それほど複雑じゃない範疇の人物。
    これはウディ・アレンの作品であったことが功を奏したか。
    ストーリー展開が軽やかで、
    登場人物も複雑にしていなかったことで
    ともすれば重くなりがちなテーマも、
    どこか軽く観ることが出来ました。
    これは間違いなく、ウディ・アレンの魔法ですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2016/7/13

    Woody Allenらしい。
    コレで完全犯罪が成立しても驚きはしない。
    でも邦題が問題ね。そのまま「不合理な人」じゃ駄目だったのかしら。
    エイブもジルもリタも二股だという皮肉。
    でもやっぱり魅力的なのは若いジルの感性で、リタは都合の良い女・・と言う事実。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2016/7/6

    【賛否両論チェック】
    賛:“他人のために殺人を犯す”という禁忌によって、生き甲斐を取り戻していく主人公の姿が、コミカルでもあり痛々しくもある。ありふれてはいるが、どこか光る終わり方も魅力的。
    否:展開は結構淡々としているので、特に前半は眠くなりそう。

     最初は生き甲斐もなく、生気を失っていた主人公が、「赤の他人のために悪徳検事を殺害する」という目的を見出だし、次第に生き生きとしていく姿が、滑稽な中にも切なさを感じさせます。同時に、“恋人がいる教え子との恋”という、言ってみれば2つのタブーに足を踏み入れていく様子もまた、非常に考えさせられます。
     展開はかなり淡々と進んでいき、特にメリハリのある描写があるわけでもないので、その辺りの好みは分かれるかとは思います。
     ラストも予定調和ではありますが、どこか憎めないのが、またステキなところ。ウディ・アレンファンにはオススメの作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2016/7/5

    ”知的”な人生を歩んでいる人達を、コキおろすようなブラックコメディ。主人公のみならず、彼を取り巻く二人の女性も含めて、「あ・・確かに居るよ。こういう人」という感じの、絶妙な人物描写。

    オチに意外性はありませんが、笑えます。

    それにしても、"her"に続いて、冴えない中年役がハマリ”過ぎ”のホアキン・フェニックス。役柄に比してムダに”濃い”顔立ちが、余計に笑いを誘います。

    エマ・ストーンは、もともと半端でなく”華”があってチャーミングが上に、演技でもまた一段と存在感アップ。
    でも大人っぽさも一段と増しているので、そろそろ、女子大生を演じられる日はそう長くないか・・な? 大人の女性を演じるエマに期待。


    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2016/6/21

    いいですね、この感じのラブストーリー。

    ウディ・アレンならではですね。

    前作に続いてのエマ・ストーンも可愛くてグッドで、最近、色々な役にチャレンジしていますが、やっぱり今回のような「可愛い大学生」あたりの役が、今は一番ハマっていると思います。

    ホアキン・フェニックス演じる教授の「殺人」に対する考え方は意外と嫌いではありませんでした。

    いつの世も何かに「熱くなっいる」男性は、こういう視点で魅力的なのかもしれません!

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    3.0
    2016/6/18

    ウディ・アレンの映画は切れ目のない会話があって、うるさいけど聞き逃せない面白さがある。この映画はうるさくはないけど生きることに意味を見いだせない教授と教授の投げやりな行動を言動に男を見る女学生の不透明な恋を描いて不幸な?ラストを迎える。中年太りの口は立ち気難しい教授をホアキン・フェニックスがいい味を持っていて、好きになれない男を演じている。相手役が今一番売れているのかなあ・・・エマ・ストーンがきれいで、優しく好奇心おいっぱいの女子大生を可愛く演じて成功していると思う。
    ラストはアレン監督らしい締め方だと思うけど・・・ちょっと不満も感じたかなで 星三つ

    違反報告