トリプル9 裏切りのコード|MOVIE WALKER PRESS
MENU
トリプル9 裏切りのコード

トリプル9 裏切りのコード

2016年6月18日公開,115分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカ髄一の犯罪都市アトランタを舞台に、警察の機能を停止させる緊急コードを発動させ、犯罪計画を成功させようとする男たちの姿を描くクライム・アクション。武装グループと警察やロシアン・マフィアとの予測不能のバトルや裏切りのドラマが壮絶なバイオレンス描写たっぷりにつづられる。監督は『欲望のバージニア』のジョン・ヒルコート。

予告編・関連動画

トリプル9 裏切りのコード

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

武装グループのリーダーのマイケルは、警備の厳重な国土安全保障省の施設を襲うという実行不可能な強盗を成功させるため、ある計略を練る。それは警官が撃たれた事を意味する緊急コード“トリプル9”を発動させ、アトランタ市警の機能を10分間完全停止させるというもの。ところが、組織の内部対立や裏切りもあり、想定外の事態へ発展する。

作品データ

原題
TRIPLE 9
映倫区分
R15+
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
プレシディオ
上映時間
115分

[c]2015 999 Holdings, LLC [c]キネマ旬報社

  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    5.0
    2016/7/14

    【賛否両論チェック】
    賛:様々な事情で悪事から抜け出せなくなった男達が、やがて破滅していく様子が、非常に緊張感のある展開の中で描かれていくのが印象的。人間ドラマやアクションを併せて堪能出来る作品。
    否:生首等のグロいシーンが多く、苦手な人には向かない。

     様々な理由や事情によって、悪事から抜け出すことが出来なくなり、次々と犯罪を重ねていく悪徳警官達が、やがてその因果によって身を滅ぼしていく様が、非常にスリリングな描写で映し出されていきます。
     一方難点としては、グロシーンが結構多いことでしょうか。生首のシーンなんかもあったりするので、苦手な人には向きません。
     重厚な人間ドラマとしても楽しめるだけでなく、緊迫感溢れるガンアクションや、ハラハラのサスペンスも楽しめる作品に仕上がっています。

    違反報告
  • 泉
    3.0
    2016/6/28

    「999」を発動する事態を作り出す為に練られたストーリーという感じですね。
    ロシアン・マフィアも警官もどっちもどっちね。悪ぶって居ながら最後の一線を越えられないマーカス役のAnthony Mackieの苦悩する感じが良い。
    Norman Reedusが演じるウェルチは皆のお兄さんみたいな感じ。
    彼がああなってから仲間が壊れて行ったわね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告