ソング・オブ・ラホール|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ソング・オブ・ラホール
ソング・オブ・ラホール

ソング・オブ・ラホール

2016年8月13日公開,82分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

タリバンによって禁じられた音楽文化を取り戻すため、ジャズに挑むパキスタンの伝統音楽家たちを追ったドキュメンタリー。伝統楽器を用いてジャズの楽曲『テイク・ファイヴ』をカバーした彼らがニューヨークに招待され、ビッグバンドと共演するまでを見つめる。監督は、『セイビング・フェイス 魂の救済』、『A Girl in the River: The Price of Forgiveness』で2度、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したシャルミーン・ウベード=チナーイと、本作が初監督作となるアンディ・ショーケン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パキスタン・イスラム共和国の街ラホール。インド亜大陸で千年以上に亘り芸術の中心だったが、1970年代末からイスラーム化が進みタリバンによって音楽を禁じられ、いまでは音楽ファンはほとんど消えてしまった。そんな中、世間から忘れ去られた伝統音楽家たちが、自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、畑違いのジャズに挑戦し世界に打って出る。パキスタンから現れた異色のジャズバンド“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”は、伝統楽器を用いてジャズの楽曲『テイク・ファイヴ』をカバー。そのプロモーション映像はまたたく間に世界を駆け巡り、100万を超えるアクセスを記録する。その後、トランペット奏者のウィントン・マルサリスが、彼らとセッションすべくニューヨークへ招待。ところがリハーサルで両者は噛み合わず、“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”は本場ジャズの厳しい洗礼を受けてしまう。果たして彼らは無事本番を迎えることができるのか……。

作品データ

原題
Song of Lahore
製作年
2015年
製作国
パキスタン アメリカ
配給
サンリス ユーロスペース
上映時間
82分

[c]2015 Ravi Films, LLC [c]キネマ旬報社

  • McCOY
    McCOY
    5.0
    2016/9/19

    心ない独裁者の取り決めによって、かけがえのない芸術を奪われたパキスタン・ラホールの演奏家たち。制圧がいくらかましになった現在も、地元では周囲の目(耳)を気にして、防音室にこもって練習していたりする。やりたいことをやりたいときにやる、そんな当たり前の自由がないつらさ。戦争を知らない世代の日本人には、ただ拙く想像してみることしかできない世界です。

    不自由な世界にありながら、民族音楽とジャズをみごとに融合させたセンスとテクニックが素晴らしい。「それでも音楽が好き」を極めた人びとだからこそできたことなんでしょうね。にしても、NYに到着したのが本番のたった4日前。見せ場をつくるはずだったシタールの演奏者があっという間にメンバーから外されたときには、うまくいく話なんだとわかっていても気が気じゃなかった(笑)。

    ジャズの神様が降臨したかのような、終盤の盛り上がりに涙が滲みました。観てよかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告