ブルゴーニュで会いましょう|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブルゴーニュで会いましょう

2016年11月19日公開,97分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランス・ブルゴーニュ地方で撮影し、ワイナリーを営む家族の再生を綴った人間ドラマ。ワイン評論家のチャーリーは、実家のワイナリーが倒産の危機に陥っていることを知り、急遽帰郷。頑固な父と衝突しながら、家族を守るため最高のワインを作ろうとする。監督は「ラスト・アサシン」(未)のジェローム・ル・メール。美しい自然と伝統的な建築物が織りなすブルゴーニュの風景とともに、家族の結びつきを描き出す。チャーリーを「イヴ・サンローラン」を監督したジャリル・レスペールが、不器用な父を「そして友よ、静かに死ね」のジェラール・ランヴァンが演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーで生まれ育ったチャーリー(ジャルリ・レスペール)は、20歳のときにパリに出て、ワイン評論家として名を馳せる。順調に人生を歩む彼は、ある日、実家のワイナリーが倒産の危機に瀕していることを知る。久しぶりに実家に戻るが、ワイン造りは家族で行うものと考えている父(ジェラール・ランヴァン)は家を出て行ったチャーリーを許すことができず、チャーリーもまた頑固な父を疎ましく思い、なかなか溝が埋まらない。しかしワイナリーを手放すことは実家を失うことであり、チャーリーは家族を守るためにワイナリー再建に乗り出す。製造に別の技法を取り入れようとするチャーリー、それを受け入れられない父。二人はぶつかり合いながらも、様々なトラブルを乗り越えるため、いつしか手を取り合うようになる。

作品データ

原題
PREMIERS CRUS
製作年
2015年
製作国
フランス
配給
クロックワークス アルバトロス・フィルム
上映時間
97分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    3.0
    2016/12/1

    映像は凄く魅力的でした。果てしない葡萄畑、瑞々しい葡萄、ワイナリー、働く人々、そして料理。

    ・・・なのですが、一言でいえば、上手く行き過ぎ。
    田舎が嫌で家を飛び出した息子が、評論家として成功して、稼業の危機を救う為に帰郷して主導権握ってワイン作りを行う。
    頑張って守って来た人たちがそんなにあっさり受け入れられる?
    恋も仕事もあんなに思い通りじゃ人生楽しくないでしょ。・・・と思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告