インターン!(2016):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
インターン!(2016)
インターン!(2016)

インターン!(2016)

2016年11月5日公開、103分、ファンタジー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「風のたより」の新木優子主演で就活をテーマにしたドラマ。企業のインターンシップ説明会に行った大学生の晴香は帰り道、車にはねられそうになるが、その企業の取締役・牧野に助けられる。晴香の代わりに生死をさまよう牧野の前に、死神と名乗る男が現れる。出演は、「男子高校生の日常」の岡本杏理、『仮面ライダー鎧武』の佐野岳、「ゆずり葉の頃」の風間トオル。監督は、「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」の吉田秋生。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学三年生の川倉晴香(新木優子)は親友の浜崎真希(岡本杏理)に誘われ、ある企業のインターンシップ説明会に行く。晴香は代表取締役CEOの牧野正幸(風間トオル)の講演を聞くものの諦めようとするが、真希は無理やり晴香にエントリーシートを提出させる。その帰り道、晴香は車にはねられそうになるが、牧野がそれを助ける。牧野が目を覚ますと、病院の集中治療室で横たわっている自分自身がいた。そこに死神(佐野岳)と名乗る若い男が現れる。死神は、交通事故で死ぬ運命だった晴香を助けたことで、牧野が死ぬ運命に変わってしまったと告げる。また、二人とも助かるには、晴香の未来を変える必要があるという。牧野は、晴香がインターンで成績優秀者となって入社パスを手に入れられれば、未来を変えるこができると思いつく。すると牧野は真希に憑依し、晴香のインターンをサポートする。しかし、晴香は自力で課題に取り組むが、自信がなく、優柔不断な彼女はいい成績が取れない。晴香は無事、入社パスを手に入れることができるのか?

作品データ

製作年
2016年
製作国
日本
配給
BS-TBS
上映時間
103分
製作会社
BS-TBS
ジャンル
ファンタジー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?