天下無敵の猛襲|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天下無敵の猛襲

1928年公開,0分
  • 上映館を探す

「蛮勇ミックス」「突貫ミックス」等と同じくトム・ミックス氏の主演する西部活劇で、ジョン・ストーン氏の原作並に脚色したものに拠った。監督は新顔のユージーン・フォード氏であるが、撮影技師はいつもの通りにダニエル・B・クラーク氏である。ミックス氏の対手役は「ミックスの曲馬大王」で氏の対手役を勤めたナタリー・ジョイス嬢であるが、そのほかローフォード・ダヴィッドソン氏やミックス氏の愛馬トニーなどが主役を助けて出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テキサスの役人トム・ハーディーはグリーレー地方に跳躍する山賊の一隊を掃蕩すべき命令を受け、ショーティという手下を連れて売薬行商に身をやつしグリーレーの町へ乗込んで行った。それと時を同じくして兇賊の主魁ではないかと廉疑を受けているジム・ボーウェルの姪ジョウンも避暑がてらにこの地へやってきた。そして図らずもトムと悪漢の手下との間に起った喧嘩の渦中に捲き込まれてしまった。トムは山中の藪のうちに身をひそませ1万ドルを積んだ馬車の迎撃を企んでいる悪漢輩の計画を立ち聞きした。そしてその馬車にはジョウンが乗っていることを知ったトムは悪漢輩の先廻りをして覆面して馬車を襲いジョウンを救い出した更にトムはジムが真実兇賊の主魁であることを探知し、ジョウンをその渦中から脱れしむべくコックとなってジムの家に住み込んだ。ジムの片腕のフォスターは、かねてからジョウンに懸想していたので、ここにジムと衝突し、ジムが己が形勢不利なるを見て自首して出ようとする時フォスターはジョウンを奪って国境を越えて逃れんとした。この時、トムは立って、単騎フォスター等悪漢の一味を相手とし、再びテキサス地方に平和を招来するまで、大奮闘を続けるのである。

作品データ

原題
Daredevill's Reward
製作年
1928年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?