奇蹟がくれた数式:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
奇蹟がくれた数式

奇蹟がくれた数式

2016年10月22日公開、108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

インド人数学者ラマヌジャンと、イギリス人の大学教授G・H・ハーディの友情を描く、実話を基にした人間ドラマ。第一次世界大戦下のイギリスを舞台に、身分も国籍も違う2人の数学者がさまざまな困難を乗り越え、絆を深めていくさまがつづられる。『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテルがラマヌジャンを演じる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

奇蹟がくれた数式

予告編

2016/7/28(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1914年のイギリス。ケンブリッジ大学のハーディ教授の元にインドから一通の手紙が届く。その手紙には驚くべき“発見”が記されていて、彼はすぐさま差出人のラマヌジャンを大学に招く。独学で学んできたラマヌジャンは自分の研究を発表できる初めてのチャンスに胸を躍らせるが、“証明”が重要視される数学界や文化の違いに悩まされていく。

作品データ

原題
THE MAN WHO KNEW INFINITY
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA
上映時間
108分

[c]2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?