手紙は憶えている|MOVIE WALKER PRESS
MENU

手紙は憶えている

2016年10月28日公開,95分
PG12
  • 上映館を探す

名匠アトム・エゴヤン監督によるサスペンス。記憶も曖昧な90歳の老人が、第2次大戦の時に大切な家族を奪ったナチスの兵士を捜し、復讐を果たそうとする姿が描かれる。『人生はビギナーズ』で史上最高齢でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーが主人公を演じるほか、数々の賞に輝く名優たちが脇を固める。

予告編・関連動画

手紙は憶えている

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

最愛の妻が死んだ事も覚えていられないほど物忘れが激しくなった90歳のゼヴ。妻の葬儀の日、ゼヴは友人のマックスから1通の手紙を受け取る。そこには2人がアウシュヴィッツ強制収容所の生存者で、家族をナチスの兵士に殺されたという事が書かれていた。その兵士は身分を偽り、いまも生き延びており、ゼヴはたったひとりでの復讐を誓う。

作品データ

原題
REMEMBER
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
カナダ=ドイツ
配給
アスミック・エース
上映時間
95分

[c]2014, Remember Productions Inc. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • みるみる

    4
    2020/11/2

    これは観てよかった。人にも薦めたい。
    ナチスによる非人道的な行為は今もまだ双方の当事者達を苦しめていても、映画内でいう「生き残り」の高齢者が減っていくのも事実。違う意味では唯一の原爆被害国の日本でも同じ状況なのです。
    90歳の認知症状があるゼウは忘れたり思い出したりを繰り返しながらマックスの手紙に沿って真実に向かっていきます。おぼつかない足取りと衰える記憶力。機転の利く行動と見事なピアノの腕前。それは老いていくという事、そして体が覚えているという事。
    手紙の中身を病室で出会う少が読み上げてくれますが、そこからの展開が素晴らしかった。最後まで分からなかったなぁ。辛く苦しいラストですがきちんと受け止めなければと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • mameたん

    4
    2017/9/11

    レンタルDVDで鑑賞。
    90歳でしかも認知症を患っている、高齢者が本当に家族を殺された復讐ができるのか。
    ”狼”という意味を持つゼウという名の老人は、手紙だけを頼りに老人施設を旅立ちます。
    最愛の妻を亡くしてから、目覚めるたびに記憶を失うゼウ。
    目指す復讐の候補は4人。
    手紙のほかに頼れるのは、同じ施設に暮らす親友のマックスというこれまた高齢の老人。
    彼は車イスでの生活を強いられている。
    しかしゼウと違い、認知症ではない。
    そしてゼウを復讐への旅へと唆したのはマックスと言っても過言ではないという事実。
    手紙を頼りに一人ひとり尋ね歩くゼウ。
    そして逐一マックスに報告を入れる。
    しかし、残酷ともいえる事実がラスト5分に待っている。
    それはゼウさえ受け入れることがない、本当に残酷すぎる事実が。
    人は残酷なことをすればするほどその真実から逃げたくなるものなのか。
    そんなことをふと考えさせられる映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • jung

    4
    2016/12/29

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告