暗黒街の王者:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
暗黒街の王者
暗黒街の王者

暗黒街の王者

1953年12月15日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦前、英国で映画製作に従事していたバーナード・ヴォルハウスが製作・監督にあたったギャング活劇1941年作品。エドワード・ジェームズとフランシス・エドワーズ・ファラゴーの書き下ろしストーリーを、ヴェラ・キャスパリー(「ローラ殺人事件」)、マイケル・ホーガン(「青い珊瑚礁」)、ガイ・エンドール(「G・Iジョー」)の3人が脚色。撮影は「曠野の追撃」のジャック・マータ、音楽は「西部の顔役」(1942)のサイ・フュアーが担当。主演は「男の叫び」のジョン・ウェインで、オナ・マンスン(「火星超特急」)、レイ・ミドルトン、ヘンリー・スティーブンソン(「オリヴァ・ツイスト」)らが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

気の強い南部美人ジュリー・ミルボー(オナ・マンスン)は、ミシシッピ河を下りニュー・オーリンズへ向かう船の上で、若い弁護士ジョン・レイノルズ(ジョン・ウェイン)と知り合い、たちまち恋仲となる。ジュリーはニュー・オーリンズで賭博場を経営しているミルボー(ヘンリー・スティーブンソン)の娘であり、一方、ジョンは反賭博同盟に加盟している弁護士だったので、2人は対立する仇敵同士でもあった。ミルボー将軍の子分頭ブラッキー(レイ・ミドルトン)は、以前からジュリーと結婚してこの町の賭博場に君臨しようと企んでいたので、ジョンの出現を快く思っていなかった。ジュリーはジョンに、賭博が無害な娯楽であることを理解させようとするが、ジョンは賭博の争いによる殺人を目撃し、賭博追放の決意をさらにかためる。その手初めに、ミルボーの賭博器の不正を摘発した。ブラッキーは賭博追放派の仕業と見せかけてミルボー将軍を殺す。案の定、ジュリーはジョンに疑いを向けてしまう。彼女はまた、役人たちを抱きこみ、ブラッキーの悪事を隠し、ジョンの仕事を妨害する。だがジョンは悪事の証拠となる記録を手に入れ、ジュリーを含む賭博ギャングを一斉に検挙し、投獄する。法廷でジョンが証言しているとき、大暴風雨の襲来で街は洪水となり一同は水に押し流され、ブラッキーは汽船で逃げようとする。そこへジョンが乗り込み、2人は大格闘、ブラッキーは溺死する。ジョンは流された人々の救助に献身し、ジュリーの誤解もとけて2人は婚約するのだった。

作品データ

原題
Lady from Lousisiana
製作年
1941年
製作国
アメリカ
配給
リパブリック日本支社=NCC
上映時間
0分
製作会社
リパブリック映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?