ミス・シェパードをお手本に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ミス・シェパードをお手本に

2016年12月10日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イギリスの劇作家アラン・ベネットの回想録を映画化。ベネットの家の敷地に車を停めて生活する風変わりなミス・シェパードとの、長きにわたる奇妙な共同生活と友情を綴る。舞台でミス・シェパードを演じ続けたアカデミー賞女優マギー・スミスが本作でも主演。監督は「英国万歳!」でもベネットと組んだ、舞台演出家としての顔も持つニコラス・ハイトナー。ベネットには、「クィーン」などに出演し舞台を中心に活躍するアレックス・ジェニングスが扮する。ベネットとミス・シェパードが実際に暮らしていたロンドン北部の町カムデンのグロスター・クレセント通りで撮影された。

予告編・関連動画

ミス・シェパードをお手本に

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンドン北部の町カムデンに引っ越してきた劇作家ベネット(アレックス・ジェニングス)は、通りに停められたおんぼろの黄色い車の中でミス・シェパードという女性(マギー・スミス)が生活していることを知る。彼女はここで気ままに暮らしており、近所の住人たちから食事を差し入れてもらってもお礼を言うどころか悪態をついてばかり。ある日、ミス・シェパードは路上駐車を咎められ、見かねたベネットはしばらくの間自宅の敷地に車を置くことを提案する。ベネットは一時的なつもりであったが、ミス・シェパードはそれから敷地に居座り続け、エキセントリックな彼女との共同生活は15年になった。彼女の突飛な行動に悩まされつつも、フランス語が堪能で音楽にも精通しているなど思いがけない側面を持つ彼女に作家としても惹かれ、二人の間にいつしか不思議な友情が芽生えていった。

作品データ

原題
THE LADY IN THE VAN
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
イギリス
配給
ハーク
上映時間
103分

[c]2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2016/12/18

    脚本のAlan Bennettの実体験なんですって。凄いです。住民の寛容さに感心します。内心は迷惑そうなのですが、親は子に差別してはいけないと教え、親切に接します。
    偽善かもしれませんけど、独特の親近感を持っています。

    教養のある女性が何故ホームレスになったのか…その理由はちょっと切ない。どうしたら音楽のない生活ができるのか…と言う切ない訴え。

    劇作家の浮世離れした考え方と自己の捉え方も面白い。そして、平凡な母親の寂しい老後との対比。とても見事です。

    そして舞台でも同役を演じているMaggie Smith が見事です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告