ストーンウォール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ストーンウォール

2016年12月24日公開,129分
PG12
  • 上映館を探す

ローランド・エメリッヒ監督が1969年に起きた実際の事件“ストーンウォ-ルの反乱”を基に映画化。インディアナ州に暮らすダニーはゲイであることを知られ、故郷を追われるようにニューヨークに辿り着く。彼を迎え入れたのは、美貌を武器に体を売るレイだった。出演は「戦火の馬」のジェレミー・アーヴァイン、「シャドウハンター」のジョナサン・リース・マイヤーズ、「LOVE 3D」のカール・グルスマン、「神様なんかくそくらえ」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、「WISH I WAS HERE僕らのいる場所」のジョーイ・キング、「ムーン・ウォーカーズ」のロン・パールマン。脚本を「ニューヨーク 最後の日々」のジョン・ロビン・ベイツ、撮影を「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のマルクス・フォーデラ―、音楽を「アデライン、100年目の恋」のロブ・シモンセンが担当する。

予告編・関連動画

ストーンウォール

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやって来たダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美貌を武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りながらたくましく生きていく仲間を得てゆく。身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグ・クイーン、そして政治活動家のトレバー(ジョナサン・リース・マイヤーズ)……。だが、セクシュアル・マイノリティに対する迫害と差別、警察の不当な捜査はますます激化。日常的に警察に理不尽に殴られ、客にはレイプされ暴行を受ける過酷な日々が彼らの現実だった。そんなある日、彼らが常連として通うバー「ストーンウォール・イン」に再び警察の捜査が入り、ダニーやレイたちの怒りと不満が爆発。それまで警察に反抗することなく酷い扱いを受け入れるだけだったゲイたちが初めて立ち上がり、そして石を投げた。それは歴史を変える暴動への始まりであった……。

作品データ

原題
STONEWALL
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
アット エンタテインメント
上映時間
129分

[c]2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2019/4/16

    今でこそ少しずつ明るくなってきた問題。1970年にNYでこんな事があったのは知りませんでした。 実話が織り交ぜられたストーリーだそうですが、生き難さを感じる人にとってはガツンとくる映画。理想と現実とか自分らしさとか世間体とか色々思いはめぐります。 父親が最後まで歩み寄ってくれなくてもデモ行進に母と妹が行くのを許したのだから二人の姿を見付けた時のダニーの顔は印象的でした。 あれから半世紀が経ち、この先どんな風になっていくのかはリアルに見ていくんだろうなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/1/9

    今だってLGBTは物議を醸しているのだから当時はそれを隠したり、卑下されたり肩身の狭い思い存在だった。大っぴらにドラッグクイーンでいても世間から打ち負かされる。経済的に余裕がなくて体を売るしかなかったり。心はいつか自分たちを見下した人間に打ち勝ってやるという強い心でいたいが、ダニーのような外見ノーマル、家族に拒絶され途方にくれる人がずっと多かったはず。田舎になればなるほど。デモや抗議は今も報道されるが、その第一歩はとても勇気がいるし、信念がないと散ってしまう。 基本、ダニーは真面目。将来を見据え勉学にいそしみ、家族の絆も大事に思う。 LGBTが異質なのではなく自己表現の一つに過ぎない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2017/1/4

    カミさんのお供で観賞。 アメリカが、世界が反戦平和・平等非差別に動き出した切っ掛けの一つとも言われている“ストーンウォ-ルの反乱”を、こういう作品に仕立て上げたことに拍手です。 性だけでなく色々なマイノリティが差別迫害を受けていた凄惨な時代だったと思います。追い詰められたヒューマンパワーの爆発、この事件の2ヵ月後にウッドストックが開かれたということも頷けます。 ジェレミーやジョニーほか若手が素晴らしい迫真の演技を見せてくれますが、ジョーイさんの素敵な妹役や、ロンさんの捻りの効いた燻銀の演技も見逃せません。 観ておくべきヒューマンドラマです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/12/29

    1969年に起きた実際の事件“ストーンウォ-ルの反乱”の映画化です。 大胆に陽気に暮らしながら、一人ぼっちで傷ついて居るRayが凄く好きです。 綺麗で、とてもチャーミング。Jonny Beauchamp今作が長編映画デビューです。 強くて弱くて優しくて、どうしようもなく愛おしい人ですが、感謝し、大事に思いながら愛せない Danny。 その理由が故郷に有って、その純粋な思いが切なくてまた泣けるのです。 仲間たちもボロボロで薄汚れていて傷ついて居て脆くてでも熱くて。 皆諦めていて、自分たちが底辺だと理解している。 そんな彼らを蔑んで何をしてもいいと思うのがまともな人間だと言うなら、私はまともじゃなくて良い。 立ち上がって、手を取り合って前に進みだした彼ら彼女らはとても格好良い。 そしてDannyの妹の存在が凄く良い。 学校で何を言われようと、兄の味方だという姿勢を崩さない強い女の子。 私は子供のころ近所にそう言う友達がいたから、その子がとても優しい良い子だったから、ゲイを差別する気持ちを持たずに生きて来られた。 その子は大人になって死を選んでしまったけど・・ だけど、ささやかだけど、その子が私に残した差別をしない心を、その子が生きていた証として大切に持って居たいの。 泣きました。そして笑いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告