ホドロフスキーの虹泥棒:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ホドロフスキーの虹泥棒

ホドロフスキーの虹泥棒

2016年11月12日公開、92分、ファンタジー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「サンタ・サングレ 聖なる血」のアレハンドロ・ホドロフスキー監督のファンタジー。製作から26年の時を経て、日本初公開。昏睡状態の大富豪ルドルフの遺産を相続する可能性があることを知った甥メレアーグラ。姿を消した彼はコソ泥のディマと暮らしながら、ルドルフの死を待ちわびていたが……。出演は、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール、「ドクトル・ジバゴ」のオマー・シャリーフ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのクリストファー・リー。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ホドロフスキーの虹泥棒

予告編

2016/10/26(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

飼い犬のダルメシアンにしか興味がない風変わりな大富豪、ルドルフ(クリストファー・リー)はある夜、彼の遺産にしか興味のない親族を招いて晩餐会を開く。その最中、ルドルフの常連の売春婦達“レインボウ・ガール”が到着し、招待客を差し置いて乱痴気騒ぎをするルドルフは、その場で心臓発作になり昏睡状態に陥ってしまう。早くも遺産について言い争う親族たちは、ルドルフと同じく風変わりな甥のメレアーグラ(ピーター・オトゥール)に全ての遺産が渡ってしまうのではないかと気を揉んでいた。親族たちのやり取りを聞いたメレアーグラは、愛犬クロノスと共にその場を静かに去る。5年後、愛犬クロノスに死なれたメレアーグラは、コソ泥のディマ(オマー・シャリーフ)と地下下水道で暮らしていた。二人はルドルフの死と、相続できるはずの遺産を待ちわびていたが……。

作品データ

原題
THE RAINBOW THIEF
製作年
1990年
製作国
イギリス
配給
アーク・フィルムズ(配給協力・提供:是空)
上映時間
92分
ジャンル
ファンタジー

[c]1990 Rink Anstalt / [c]1997 Pueblo Film Licensing Ltd [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?