人生フルーツ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

人生フルーツ

2017年1月2日公開,91分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東海テレビが製作したドキュメンタリーシリーズ第10弾。敗戦をきっかけに戦後復興のために日本住宅公団に入社し、高度経済成長期を通じて数々の都市計画に関わってきた90歳の建築家・津端修一と87歳の妻・英子の信念ある丁寧な暮らしぶりを追う。ナレーションを務めるのは、「海よりもまだ深く」の樹木希林。監督は「神宮希林 わたしの神様」の伏原健之。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン文化映画1位。

フォトギャラリー

人生フルーツ 画像1
人生フルーツ 画像2
人生フルーツ 画像3
人生フルーツ 画像4
人生フルーツ 画像5
人生フルーツ 画像6

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てたもの。四季折々、キッチンガーデンで育てられた70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わる。刺繍や編み物から機織りまで、英子さんは何でもこなす。たがいの名を「さん付け」で呼び会う長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に彩られている。1945年、厚木の飛行場で敗戦を迎えた修一さんは、新しい時代のためには住宅再建しかない、と考え、アントニン・レーモンド事務所に勤めた後、1955年に創設された日本住宅公団に入社する。東京大学のヨット部員だった修一さんが、国体出場のために英子さんの実家の酒蔵に泊まったことをきっかけに2人は知り合い、1955年に結婚。造り酒屋の一人娘として厳しく育てられた英子さんだったが、自由を尊重する修一さんのお陰で、臆せずものが言えるようになったという。やがて、東京の阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わった修一さんは、1960年、名古屋郊外のニュータウンの設計を任されると、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したプランを立案。しかし、経済優先の時代がそれを許さなかった。当時の日本は、東京オリンピックや GDP世界第2位といった事象に象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1970年、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

作品データ

製作年
2016年
製作国
日本
配給
東海テレビ放送(配給協力:東風)
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    5.0
    2018/11/21

    老後の生き方の一つ。価値観はそれぞれであるが、個人的には憧れる老後。まず、2人とも強いスキルを持っている。建築学と、素材を生かした料理力。自然と寄り添い自分たちの生活を大切にする姿勢。あの時ああすればというような後悔もない。前向きに生きる二人の65年。いいドキュメンタリー映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/2/22

    名古屋出身の友人に勧められ、佐渡のシネマカフェで上映されたことも有ってみたかった作品。

    ある、老夫婦のドキュメンタリー。
    どこにでも居そうで、特別な二人。
    庭に花や野菜植えて、果物が実って・・ってまるで自分の実家・・・むしろ母の実家祖父母の家を思い出す。
    東京に長く暮らしているから、凄く懐かしい・・

    凄く仲の良い老夫婦。最期の時に、佐渡の実家で一人で暮らしている母を思う。
    父は72歳で死んだ。母は凄く怒っていた。あんな素敵な別れじゃ無かった。
    生きていたら、もっと老いていたら、二人こんな風に暮らしたのだろうか。
    そう思ったら泣けてきた。
    母方の祖父は90歳まで生きて亡くなった。その数年後、祖母は眠るように逝った。家の周りに果実のなる木々や畑に囲まれていて。
    遊びに行けば梅シロップやキウィジャムや手作りの物があれこれ出て来る。あれ持って帰れこれ持って帰れって持たせてくれる。
    そんな普通の老夫婦なんだけど。

    修一さんが素敵なのは、自分はポリシーが有って専門家なのに、素人の英子さんに、どう思う?ってお伺いを立てる所。
    そして何かをする時に家族を巻き込むと言う所。

    わたしの父も竹馬とか、ソリとか、作ってくれた。山に連れて行ってくれて、山菜や木の実や高山植物やキノコ、教えてくれた。
    先生だったから、教え子たちと何かする時も連れて行かれた。文化祭の劇の稽古、土器発掘、地層観察。
    色々な体験させて貰った。もっと色々教わりたかった。

    母はあまり参加しなかったけど。むしろ呆れていたけど。
    あの二人が、寿命まで生きてもこうなれたかは疑問だけど。
    結婚に向かないのは遺伝かも知れない。

    父みたいに・・修一さんみたいに・・・わくわくさせてくれる人とだったら、結婚生活持続させられたのかな。
    そんな人がいたら、佐渡に帰って新しい生活するのも良いかな。
    そんな素敵な夫婦で、素敵な考えを持っていて、素敵な生き方で、ちょっと羨ましく感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    5.0
    2017/2/6

     ドキュメンタリーとしてどうこう、以前に、取材対象のご夫婦の生き様が素晴らしいです!いや、私みたいな俗人が、素晴らしいなんて上から目線で書いちゃいけないんですけど。

     グラウンンドデザインとは、本来どういうことなのか?学ばせていただきました。このご夫婦のような生活は、戦後の復興から高度経済成長期と、働き手としての現役時代がぴったり重なった世代だからこそ可能だったと思います。今の若い人達が、彼らの生活を真似ようとしても、土地はおろか日々の食べ物の糧を得ることすら困難だろうと思います。けれどこのご夫婦がその生活の全てを賭けて守ってきた価値観は、これからますます大切になるだろうと思います。

     ドキュメンタリー映画として、何か特別なことをしているわけではなく、地道に丁寧に、かつ整理して誰にでも分かり易く、取材対象の半生と今を紹介しただけ、と書いてしまえばそれまで、
    なんですが、
    奥様のきめ細かな生活への心配りを、手作りのプレートや手描きのイラストで視覚化して行く、ご主人の、デザイナーとしてのセンスを、エピソードとエピソードとのつなぎとして描き込んだ、撮影・編集のセンスも素敵で、その制作陣の美学も、取材対象である津幡修一氏の、確固たる理念と、しなやかなで豊かな表現力を伝えるのに、大きく貢献していると思います。

    違反報告