ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

2017年1月21日公開,119分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「最強のふたり」のオマール・シーとチャップリンの実孫ジェームス・ティエレが20世紀初頭に実在した芸人コンビを演じる人間ドラマ。フランス北部のサーカスで白人芸人フティットと黒人芸人カナンガはコンビを組み、人気を博す。その噂はパリまで届き……。監督は、「デイズ・オブ・グローリー」でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した俳優ロシュディ・ゼム。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

予告編

2016/12/15(木)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20世紀初頭のフランス。仕事を求めていた白人芸人フティット(ジェームス・ティエレ)は、フランス北部のさびれたサーカスを訪れる。フティットはそこで人食い族を演じる黒人の男カナンガ(オマール・シー)に興味を持ち、“白人と黒人のコンビ”という前代未聞の組み合わせを提案する。カナンガは“ショコラ”と芸名を変え、フティット&ショコラはサーカスを連日満員大入りにするほど話題を呼ぶ。二人の噂はパリにまで届き、名門ヌーヴォー・シルクの専属になる。ショコラとフティットはベル・エポック期のパリでいちばんの人気芸人となった。ショコラは贅沢品を買い漁り、酒とギャンブルにはまっていく。一方、舞台を下りると笑顔が消えるフティットは、常にネタ作りに励んでいた。そんななか、ショコラは看護師マリーと出会う。フティット&ショコラとしてマリーの勤める病院に慰問を続けるうち、ショコラとマリーは惹かれ合っていく。ある日、ショコラが不法滞在の容疑で逮捕される。ショコラは連行され、凄惨な拷問を受ける。数日後、ヌーヴォー・シルクの座長の計らいで釈放されるが、ショコラの心に傷が残る。奴隷の子として生まれたショコラは、白人の召使であった父親同様、差別されてきたのだ。ヌーヴォー・シルクに帰ってきたフティット&ショコラは相変わらずの人気だったが、ショコラは以前にも増して酒とアヘンに溺れ、ギャンブルにのめり込んでいく……。

作品データ

原題
CHOCOLAT
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
フランス
配給
東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
119分

[c]2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?