The NET 網に囚われた男:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
The NET 網に囚われた男

The NET 網に囚われた男

2017年1月7日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「殺されたミンジュ」のキム・ギドクによる社会派ヒューマンドラマ。北朝鮮の漁師ナム・チョルは、ボートの故障で韓国側に流されてしまう。韓国の警察に拘束されたチョルは、スパイ容疑で残忍な尋問を受ける。しかし、チョルの監視役ジヌは彼の潔白を信じていた。出演は、「ベルリンファイル」のリュ・スンボム、ドラマ『チアアップ!』のイ・ウォングン、「殺されたミンジュ」のキム・ヨンミン、ドラマ『ミセン-未生-』のチェ・グィファ、「メビウス」のイ・ウヌ。第73回ヴェネチア国際映画祭ネルジャルディーノ部門正式出品、第41回トロント国際映画祭正式出品、第17回東京フィルメックスオープニング作品。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

The NET 網に囚われた男

予告編

2017/1/12(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北朝鮮の寒村で漁師ナム・チョル(リュ・スンボム)は、妻(イ・ウヌ)と子と共に貧しくも平穏な日々を送っていた。ある朝、チョルは唯一の財産である小さなモーターボートで漁に出るが、魚網がエンジンに絡まりボートが故障してしまう。意に反して韓国側に流されたチョルは韓国の警察に拘束され、身に覚えのないスパイ容疑で、執拗で残忍な尋問を受ける。一方、チョルの監視役に就いた青年警護官オ・ジヌ(イ・ウォングン)は、チョルの家族の元に帰りたいという切実な思いに触れ、次第に彼の潔白を信じるようになる。そんな時、やはりスパイ容疑で捕えられた男が、ソウルにいる娘への伝言をチョルに託して、自ら舌を噛み切り自殺する。やがて、チョルを泳がせようという方針からソウルの繁華街に放置された彼は、家族を養い弟を大学に入れるために身を売る若い女性と出会い、経済的繁栄の陰に隠されたダークサイドに気付く。チョルは男の娘を探し出し、伝言を告げると、ジヌが待つ場所に戻る。しかし、街にいるチョルの姿を映した映像が北に流れてしまい、南北関係の悪化を懸念した韓国当局は彼を北朝鮮に送還する。チョルは資本主義の誘惑を退け、晴れて祖国に戻るが、そこで待ち受けていたのはさらに過酷な運命だった。

作品データ

原題
그물
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
韓国
配給
クレストインターナショナル(提供:キングレコード)
上映時間
112分
製作会社
キム・ギドクフィルム

[c]2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?