真夜中のパリでヒャッハー!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

真夜中のパリでヒャッハー!

2017年1月21日公開,84分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「世界の果てまでヒャッハー!」の前日譚を描いたコメディアドベンチャー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』の一作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

出版社で働くフランクはある日、社長からひと晩子どもの面倒を見て欲しいと頼まれる。彼が社長の豪邸へ向かうと、そこで待っていたのは甘やかされて育った生意気な少年だった。

作品データ

原題
BABY SITTING
製作年
2014年
製作国
フランス
配給
「真夜中のパリでヒャッハー!」上映委員会
上映時間
84分

[c]Rudy Waks-Axel Films-Madame Films-Cinéfrance 1888-Good Lap Production [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2017/1/27

    【賛否両論チェック】 賛:ハジけてしまった主人公達の行動が面白すぎて、思わず笑ってしまう。やがて心を開くようになった上司の息子との、まるで親子のような絆にも注目。 否:お色気シーンや不謹慎な笑いがメチャメチャ多いので、好き嫌いは分かれそう。  イメージとしては、「ハングオーバー!」をもう少しソフトにした感じでしょうか。夢を叶えるチャンスだったはずの子守の仕事が、悪友達に巻き込まれ大騒ぎになってしまったフランク。まずはそのハチャメチャ具合がおかしくて、不謹慎だとは思いながらも、思わず笑ってしまいます。個人的には公道でのマリオカートのシーンが好きでした(笑)。  そんな中でも注目すべきは、フランクとレミの関係性です。始めこそ悪態をつくレミに閉口していたフランクでしたが、行動を共にしていくうちに、次第に意気投合し、最後には本物の親子のような絆が生まれていくのが、なんとなく感動させられるから不思議です。  お色気シーンなんかは結構ありますが、意外なところ同士が繋がっていたりもするので、気になった方は是非。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告