ファスト・コンボイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファスト・コンボイ

2017年2月11日公開,103分
  • 上映館を探す

ヨーロッパを舞台に、大麻密輸を目論む男たちを映し出すカーアクション。アレックス率いる7人の運び屋たちは車4台で1300キロの大麻を南スペインからパリまで運ぶ仕事に出発。その途中、仲間の1台が警官隊と銃撃戦になり、女性旅行者を人質に逃走してしまう。監督・脚本は「スウィッチ」のフレデリック・シェンデルフェール。出演は「太陽のめざめ」のブノワ・マジメル、『OSS 117 リオデジャネイロ応答なし』のリーム・ケリシ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スペイン南部・マラガ。アレックス(ブノワ・マジメル)をリーダーとする7人の“運び屋”たちは、ポルシェやアウディといった高級車4台のコンボイ(船団)を組み、1300キロの大麻を運ぶためフランス・パリへと向かう。だが、フランス国境近くの検問で仲間の1台が警官隊と銃撃戦になり、居合わせた女性旅行者のナディア(リーム・ケリシ)を人質に逃走、ルートを外れてしまう。一方、後を追ったアレックスは、積み荷に予定外のコカインが混ざっていることを知る。依頼主のマフィアにハメられたのだ。警察の追跡を逃れ、積み荷を狙い襲ってくるマフィアと激しい銃撃戦を繰り返しながら、パリを目指すアレックス。やがて傷だらけとなった男たち、そして事件に巻き込まれたナディアに意外な運命が待ち受けていた……。

作品データ

原題
LE CONVOI
製作年
2016年
製作国
フランス
配給
「ファスト・コンボイ」上映委員会
上映時間
103分

[c]2015 Carcharodon - Orange Studio - Cinefrance 1888 - Rhone-Alpes Cinema - D8 Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2017/2/14

    【賛否両論チェック】 賛:危険な仕事を押しつけられた運び屋達の運命を、アクションを交えつつも淡々と描くのが印象的。ラストのたたみかける展開も圧倒される。 否:登場人物や設定が分かりにくく、観ていて混乱しそう。本筋と関係ない雑談も多く、アクションモノなのに退屈してしまうかも。  4台の車に分乗し、スペインからフランスを目指す運び屋達が、予想外のトラブルに見舞われながらも、懸命に目的地を目指す中で、仲間との絆が試されていきます。  ただ特に設定も何も説明されないままに、どんどん話が進むので、下手をすると主人公が誰かもよく分からないまま、気がつくと終盤まで行ってしまうかも知れません。車内での本筋と関係ない雑談も多く、観ていて退屈もしそうです。  しかしその分、ラスト20分からの怒濤の追い込みは圧巻で、一気に引き込まれます。アクション好きには微妙な内容ですが、サスペンスとしてはアリな作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告