HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKYのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKYのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2017年8月19日公開,124分

ユーザーレビュー

4.0
  • rikoriko2255

    はんべ

    1.0
    2017/8/26

    先週末の興行1位というので観に行ってきました。
    が、何を考えているのかよく分からなくやたらと多い登場人物、上映時間の7割くらいがダンスを踊っているか殴り合っているかの展開に「何だこりゃ」という感想でした。

    話の内容は簡単に言うと「利権が絡む地域で少年ギャング同士が抗争しまくって、うっかりヤクザの逆鱗に触れちゃってヤクザさん激おこ。冬公開の続編で逆襲が始まります!」てな感じでしょうか。

    ダンスとダンスのような殴り合いは他の邦画にはない見せ場だとは思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2017/8/23

    【賛否両論チェック】
    賛:息もつかせぬ激戦につぐ激戦の数々に、観ていてハラハラさせられること必至。超豪華なキャストの面々や、世界観にマッチした楽曲の数々もカッコイイ。
    否:ストーリー自体は荒唐無稽そのものなので、人によっては興ざめすることこの上ない。

     最初にこれまでのあらすじは全て説明してくれるので、予備知識は最悪無くても大丈夫そうです。
     前作で結束を勝ち取り、強大な敵を打ち破ったSWORDの面々。そこへ今回は最凶の男・蘭丸率いるDOUBTが、MIGHTY WARRIORSとPRISON GANGという二大勢力を味方に、SWORDの一角・White Rascalsに襲いかかります。他者を巻き込むまいと、
    「立っていられるうちは、自分の足で立つべきだ。」
    と高貴な姿勢を崩さないROCKYに対し、
    「一緒にいるだけが仲間じゃねぇ。」
    と、熱い胸のうちをたぎらせるコブラ。 絶体絶命の状況下にあって、それぞれのチームが下すそれぞれの決断に、思わずしびれます。
     ラストの大乱闘はもはやお約束になりつつありますが(笑)、そのスケールには毎回圧倒されます。何度も迎える万事休すの危機に、次々に救世主が現れる辺りは、分かっていてもやっぱりカッコイイですね。
     そして本作はもう1つ、次回作へとつながる九龍グループとの最後の戦いも、見どころです。“ヤクザ”という絶対勝てない相手に対し、コブラ達SWORDの面々だけではなく、九龍を潰すために奔走し続ける琥珀や雨宮兄弟の勇姿からも、目が離せません。
     ストーリーはまさに荒唐無稽なので、
    「え、何これ?」
    と感じる向きもあるかも知れませんが、その辺りはツッコまずに純粋に酔いしれたい、そんな作品です。

    違反報告
1/1