キングスマン:ゴールデン・サークル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キングスマン:ゴールデン・サークル

2018年1月5日公開,140分
PG12
  • 上映館を探す

『キック・アス』の気鋭マシュー・ボーン監督による痛快スパイ・アクションの続編。世界的麻薬組織にアジトを破壊されたスパイ機関、キングスマンのエージェントが、アメリカ人スパイの協力を得て、巨悪に立ち向かっていく姿を描く。先端からナイフが飛び出る靴やライター型手榴弾など、スパイ映画ならではガジェットも多数登場する。

予告編・関連動画

キングスマン:ゴールデン・サークル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界最強のスパイ機関、キングスマンのアジトが何者かの攻撃で壊滅。それは超サイコなボス、ポピーが率いる世界的麻薬組織、ゴールデン・サークルによるものだった。残されたエグジーとメカ担当のマーリンは、アメリカの同盟スパイ組織、ステイツマンと合流し、世界中の麻薬使用者を人質にするポピーの恐ろしい陰謀を阻止しようとする。

作品データ

原題
KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
イギリス
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
140分

[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.8
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/19

    第1話とは打って変わって、なんとも平凡な、どこにでもあるC級アクション映画に転落してしまったね、というのが、最初から最後まで一貫して変わらない感想でした。

    映画が始まって最初はカーチェイス。
    まるでお約束通りです。
    これがいきなりCGの乱用で、まったく興奮も感動も覚えません。

    なんとか主人公は切り抜けますが、以下すべて、誰でも思いつくストーリー。

    麻薬王が解毒剤を合衆国大統領に売りつけようとするって、これは何の再放送なんでしょうかというぐらいに既視感にあふれています。

    前作は、CGをなるべく目立たなくさせて脚本と演技の力で客を興奮させてくれたものですが、今回のは、なんていうか、成功したので予算がついて、迫力を出そうとして、結果、失敗クソ映画になったというしかないもので、心からガッカリしました。

    映画のエンディングで逮捕された人間こそが、実は正しくて、その逮捕された人間を追放する「正義の味方」こそ、自分の保身のために正義を演じているだけだという真相は、もしかして製作側も気がついていない、たくまざる皮肉なのかも知れませんけどねぇ。

    いやはや。残念でした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • みるみる

    3
    2020/4/3

    前作のお洒落なイギリス紳士のスパイ映画からアメリカ要素が加わって派手になりましたね。何でもありなのは映画として面白いのでいいでしょう。ただ個人的には前作のスタンスの方が好きです。キングスマンの拠点や仲間、友人、愛犬まで死んでしまうのは辛い。最後にマーリンまで…。今作でそこまでしなくてもと思いました。ちょっとコリン・ファースの衰えぶりが悲しかった。
    アクションシーンを観ていて感じたのは「ジョン・ウィック」と比べてしまう自分。あちらは汗臭いガンフーで、こちらはCG使いの華麗なアクションなんですが、こっちのほうがエグイなと。
    エルトン・ジョンは始めはそっくりさんかと思いました。この後タロン・エガートンがロケットマンに主演すると思うと面白いですね。
    前作越えは難しいですがスパイ映画としては断然面白いしあっという間に観てしまいました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • からかす

    3
    2019/12/16

    諜報機関キングマン本部が突然ミサイル攻撃を受け壊滅、
    諜報員イグジーは麻薬組織ゴールデン・サークルを追うアクション映画。

    マシューヴォーン監督の前作「キングスマン」、
    はたまた「キック・アス」にも通じることで
    ちょっとしたチープさ・B級映画感を逆手にとった
    フレッシュなアクションが見どころだと思うのだが
    本作は明らかに予算が上がってる分どうにも
    アクションにキレが薄くなってる。
    前作のバー、教会、威風堂々、数々の新鮮に感じたシーンが
    本作にはない。

    しかも脚本が大事なタイプの映画ではないにしても
    さすがに本作はガッタガタ。
    ブラックすぎるユーモア感は好きだし
    前作に出たあの人がいきなり吹っ飛ばされる展開は嫌いじゃないが
    筋が通ってないところが多過ぎてさすがに頭を抱える。
    特に「コリン・ファースがなぜ見抜けたか」は
    絶対に根拠を提示しなきゃダメだったと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告