デルタ・フォース|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デルタ・フォース

1986年5月24日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハイジャックされた707の人質を救出する、特殊部隊デルタ・フォースの活躍を描くアクション。製作・監督・脚本はキャノン・グループの総帥でもある「暗黒街の顔役(1974)」のメナヘム・ゴーラン、製作は他にヨーラム・グローバス、脚本は他にジェームズ・ブルーナー。撮影はデイヴイツド・ガーフィンケル、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はチャック・ノリス、リー・マーヴィン、マーティン・バルサムなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカン・トラヴェル・ウェイ航空の707が、アラブ系ゲリラの1人、アブダル(ロバート・フォスター)とムスタファ(デイヴィッド・メナハム)にハイジャックされた。早速、特殊コマンド部隊デルタ・フォースに出撃命令が下る。707はベイルートに着陸し、乗客の内、ユダヤ系のカプラン(マーティン・バルサム)、ゴールドマン(ジョーイ・ビショップ)、神父オマリー(ジョージ・ケネディ)らは、ゲリラ本部へ連れていかれる。そして、707はアルジェリア向かい、そこでカプ一フン夫人(シェリー・ウィンタース)やゴールドマン夫人(レイニー・カザン)、デブラ(スーザン・ストラスバーグ)、チーフ・パーサーのイングリット(ハンナ・シグラ)ら女子供は解放された。だが、デルタ・フォースが待ち受けているのを知ると、707は再びベイルートヘ。一方、ワシントンでは、ウッドブリッジ将軍(ロバート・ボーン)が、デルタ・フォースの隊長アレクサンダー大佐(リー・マーヴィン)以下、マッコイ少佐(チャック・ノリス)らに、市内にラチされた、ユダヤ人と男の乗客たちの救出のGOサインを出した。イスラエルを基地とし、彼らは海からゲリラ本部に侵入。激しい応戦の末、人質たちを救い出す。ユダヤ人人質を連れ、混乱にまぎれ逃亡を続けるアブダルらも、マッコイの執拗な追撃の末、全滅。キャンベル機長(ボー・スヴェンソン)らの待つ707に残りの敵をやっつけて乗りこみ、無事に人質とデルタ・フォースの面々はイスラエルに向かった。作戦の成功に、空港では妻や家族たちが解放された人質たちを出迎える。そのにぎやかな喜びの陰には、最愛の部下を失ったマッコイらの活躍があった--。

作品データ

原題
The Delta Force
製作年
1986年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    ペンギンのヨッド

    4.0
    2017/7/24

    忘れもしない、1986年の春。東京、東銀座の東劇でこの映画の初日に並んだ日の事を・・!上映が始まる前まで、自分の後ろに座っていた若いサラリーマンたちが映画談義に花を咲かせてるのを聞きながら、本編がスタート。だが、上映が終わった後、あんなに楽しそうに喋っていたサラリーマンたちは深い沈黙のままで、ただ一言「なに、コレ・・?」と発し、肩を落として劇場を後にしたあの姿・・!その時は自分もエライ駄作を観てしまったと感じたが、それから30年。テレビ放映された本作を久々に観たら、意外や面白いではないか!結局あの頃は、特殊部隊の奇襲作戦を描いた映画は今作が始めてで、自分を含めた一般の観客には、敵に勘付かれずに素早く止めを刺す戦術がショボく感じたのだろう。隊長役のリー・マーヴィンのヒット作「特攻大作戦」のように、奇襲でもマシンガンをバリバリ撃ちまくるのが、それまでのお約束だっただけに、サイレンサーでプシュプシュ敵を倒すシーンは確かにショボかったろう。だが、今では却ってリアルな凄みすら感じるのだから、やはり今は戦闘のパターンはすっかり変わったと感じずにはおれない。そもそも、あの頃はテロの嵐が世界中に吹き荒れていた時代でも無かった。80年代は本当に平和でしたね~。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告