阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C異聞|MOVIE WALKER PRESS
MENU

阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C異聞

2017年8月26日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本刀を携えた少女・小夜の戦いを活写した「BLOOD」シリーズから生まれ、アニメや舞台など多角展開する「BLOOD-C」シリーズの実写アクション。山奥の村で特高警察が殺され、横暴な捜査から村人との対立が激化。逃げ出した蓮の前に小夜が現れる。戦前の日本を舞台に、寒村で起こる惨劇をオリジナルストーリーで描く。「星座」の奥秀太郎監督が、同じく「BLOOD-C」シリーズの舞台『BLOOD-C The LAST MIND』の演出に続き本作を担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦争前夜の日本。山奥の寒村で特高警察の者が殺され、特高警察の部隊長・甘粕は村に捜査本部を設置。繰り返される横暴な捜査に限界を迎えようとする村人たちの中に、唇を噛みしめ屈辱に耐える蓮の姿があった。蓮は、外の世界にあこがれつつ血の病のため診療所で過ごす姉・蘭を大切に思い村にとどまっていた。ついに特高警察と村人とが衝突。逃げ出した蓮の前に日本刀を携えた制服姿の少女・小夜が現れる。古きものを狩るためにここに来たと告げる小夜。特高警察と村人との衝突が激化し血で血を洗う事態に突き進もうとする中、目覚める蘭。因果の渦が巻く寒村に、小夜の刃が煌めく。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
NEGA
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?