やまない雨はない|MOVIE WALKER PRESS
MENU

やまない雨はない

2018年2018年公開,96分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

バウムクーヘン『マダムブリュレ』の生みの親・マダム信子による自叙伝を映画化。インタビューを受けるマダム信子は、波乱に満ちた半生や『マダムブリュレ』の誕生秘話、やまない雨はないという言葉を胸に幾多の苦難を乗り越えてきた強い生き様を語っていく。監督は「トラ・コネ ~Triangle Connection~」の北﨑一教。川上麻衣子が信子の20代から60代までを、信子を支える夫を永井大が演じるほか、銀座の老舗クラブのママ役でマダム信子自身も出演する。2017年12月2日より109シネマズ箕面にてロードショー。

予告編・関連動画

やまない雨はない

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪で生まれ、今では日本中で親しまれているスイーツ、マダムブリュレ。製造・販売元であるMADAME SHINCOの創業者・マダム信子こと川村信子の生涯を追う番組制作のため、彼女へのインタビューがはじまる。家族と共に尼崎に移り、在日韓国人であるという理由で受けた差別と貧困に耐えた少女時代。江坂でクラブをオープンさせるも、従業員の悪事で財産を失ったこと。銀座に進出して見事に成功を収めた彼女がそこで出会い、共に関西に戻り、心が折れそうになる出来事が度重なっても二人三脚で歩んできた夫・川村幸治とのこと。ケーキ店MADAME SHINCOの開業と『マダムブリュレ』の開発。幾多の苦難に直面しても、やまない雨はないという言葉を信条にして乗り越えていく信子の半生が語られていく。長い収録を終えた信子は、インタビュアーを務めた新人局アナ・田辺千夏のおもざしから、あることに気付く。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
アイエス・フィールド
上映時間
96分

[c]2017「やまない雨はない」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?