海の彼方|MOVIE WALKER PRESS
MENU

海の彼方

2017年8月12日公開,123分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本統治時代に台湾から沖縄県石垣島に移住した一家に焦点を当てたドキュメンタリー。2015年春、念願だった台湾・埔里への帰郷を果たした88歳の玉木玉代たち家族に密着。時代に翻弄された一家の3世代にわたる軌跡と家族愛、八重山台湾人の歴史を追う。台湾が日本に統治されていた時代に沖縄に移り住んだ台湾移民をテーマにした黄インイク監督の長編ドキュメンタリーシリーズ『狂山之海(くるいやまのうみ)』の第1作。一般公開に先駆け、第12回大阪アジアン映画祭特別招待作品部門にて上映(上映日:2017年3月7日、8日)。

予告編・関連動画

海の彼方

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年代、八重山農民募集政策により、日本統治時代の台湾から約 60 世帯の農家が沖縄県石垣島に移住。玉木家の人々もまたその一員だった。2015年春、88歳になる玉代は娘や孫たちに連れられ、台湾・埔里への里帰りに向かうことに。台湾人とも日本人とも認められず、時代に翻弄された玉木家の人々は、記憶をたどる旅に出る。

作品データ

原題
海的彼端
製作年
2016年
製作国
台湾=日本
配給
太秦(提供:木林映画=シグロ)
上映時間
123分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/8/3

    個人的に、歴史映画、ドキュメンタリー映画は好きです。年間200本前後見る中で、アジア系の映画は邦画を含めて洋画に比べてみる機会は少ないのですが。 第二次世界大戦終盤の沖縄での陸戦を描いたアメリカ映画は数あります。 日本人の決死の抵抗の恐ろしさは良く語られます。 でも、その戦争で人生を左右された一般人を語った物は見ない。 日本人はあの戦争をタブー視しているし。 私は仕事柄現代の硫黄島なども見ているので、結構生々しくとらえています。 日本の植民地だった台湾から、日本に来た人たち。 終戦後返還され、国籍が曖昧になった人たち。 日本で生きる事を選び、苦労をした玉代お婆ちゃんの子孫たち。 何故彼らが選ばれたか‥のエピソードが印象的でした。 日本で生きる。玉木家のその覚悟を、凄く感じました。 子供たちには台湾語を教えない。日本語で話させる。恐らく強い意志を持ってそうしたのでしょう。 差別やいじめが有った・・それは哀しい歴史。恥じ入るべき歴史。 それを経て、辛い事は沢山有った。でもそれは忘れた。思い出すのは、楽しい思い出だけ。 と言う娘たちの言葉に、強さと優しさを感じます。きっと両親の無言の教えね。 私も全然違う場所だけど島で産まれ育ったので、島の持つ不便さや素晴らしさや過疎化の事は常に思う。 いつか帰るとしたら自分なのではないか‥と言う慎吾さんの複雑な思いも解る気がする。 私も、実家に母が一人で暮らす今、帰るとしたら、私なんじゃないかと思う。 映画館の無い島だから、辛いけど。ライブも無いと辛いけど。 そう。私は慎吾さんをライブで何度も見ている。先月も。 ステージ上でfunnyなMCをするSHINGO☆さんだけど、頭の良い人だと思っていた。 やっぱりそうだったと思った。 テーマは重いかもしれないけどれ、何処か故郷に帰って来たような、我家の親戚の集まりを見ているような懐かしい気持ちにさせてくれる。 そしてカジュアルにリアルに歴史を学ばせてくれる。 そんな良質な映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告