あさがくるまえに|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あさがくるまえに

2017年9月16日公開,104分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランス映画界期待の新鋭カテル・キレヴェレが、数々の文学賞に輝いたメイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説を映画化したヒューマンドラマ。心臓移植という現実に直面したドナーの家族や恋人、医師たちの葛藤を、1日の物語として繊細なタッチで綴る。出演は「ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「毛皮のヴィーナス」のエマニュエル・セニエ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大西洋に面したフランス北西部の都市ル・アーヴル。夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいる間、シモンはそっとベッドを抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけた。しかし彼が再び帰ってくることはなかった。帰路、交通事故に巻きこまれたのだ。その報せを受け、脳死の判定を聞かされた両親は、現実を受け止められずにいた。シモンが蘇生する可能性は低く、両親は医師から、移植を待つ患者のために臓器の提供を求められる。だが、その時間的猶予は限られていた……。パリ。音楽家のクレールは、自分の心臓が末期的症状であることを自覚していた。生き延びるための唯一の選択肢は、心臓移植。しかし彼女は、他人の命と引き換えに若くない自分が延命する意味を自問自答している。そんな時、担当医からドナーが見つかったという連絡が入る……。

作品データ

原題
RÉPARER LES VIVANTS
映倫区分
PG12
製作年
2016年
製作国
フランス=ベルギー
配給
リアリーライクフィルムズ=コピアポアフィルムズ
上映時間
104分

[c]Les Films Pelleas, Les Films du Belier. Films Distribution / ReallyLikeFilms [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/10/9

    脳死、臓器移植、尊厳死、ドナーとレシピエント。双方の正体。レシピエントは自分の年齢から今後の将来を考えてしまう。 ドナー登録の順位もあるけれど、臓器適合か否かも低い確率だ。誰もが適合するならば、より若い世代への選択…そういうのはしてはいけないのだろうが。だが、クレールは適合した。 肝心なのは生きることへの活力だ。臓器さえあれば生きられるのなら、多くの患者は絶望からわずかな希望の光を探すだろう。大きな夢や野望でなくていい。 多くの人は自分が死んだら臓器提供へと考えることなどない。提供有無問わず、意思表明だけでも義務づけた方が良いのでは。 このようなテーマは特に新しさはないが、青年が天国へ行く前のカウンセラーの配慮、これはオリジナルだが、悲しくも粋。 「マミー」のA.ドルヴァルの厄幅が広くびっくり。微笑む顔がとてもチャーミング。 そして手術映像が大分リアル。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/9/19

    いつものように出掛けた大事な人が事故に遭い、ある日突然帰らぬ人となる。そんな悲劇。 それが実際に起こる事を、私は知っている。 だけど、コレはその人生のドラマでは無く、死に行く人から生きる人への臓器の移植。 その受け入れ方・・というか、それがどう行われ、命がバトンタッチされるのか。それを凄くリアルに、描いて居る。 愛する人の身体をこれ以上傷つけないで・・と願う気持ちを責める事は出来ないと思う。 受ける人も、自分が誰かの死を待っている事実が重いと感じている。 どうかな・・受け入れられるかな・・その時にならないと解らないけど。 誰にでも起こりうる突然の死の前に、臓器提供の意思表示をしておくことは、辛い思いをしている最中の家族に決断を押し付ける事を避ける為に必要なのね。 脳死の身体の臓器は、とても冷静に、貴重な宝物のように扱われる。 ああ切って、ああ言う道具でああやって取り出され、ああやって運ばれ、ああいう思いでそこにいる誰かの元に運ばれ、ああやって繋がれ、皆、祈る気持ちで適合を見守る。 それはもしかしたら、ちょっと誇らしい事かも知れない。 私の臓器、良くやった!って、思えるのかも。 死んでしまったら分からないけど。 そして脳死の身側も、家族の愛を持ってお疲れ様・・と死を与えられ、臓器を送り出す。 誰もがそう言う最期だと良いけどね。 こんな最期ばかりじゃないだろうけど、ちゃんと考えてみないと‥と思う映画でした。 目を開けた彼女の喜びの表情が、とても印象的。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告