尊く厳かな死|MOVIE WALKER PRESS
MENU

尊く厳かな死

2017年7月15日公開,60分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自身の実体験を基に、本作で長編デビューを飾る中川駿監督が撮り上げたヒューマンドラマ。突然の事故により植物状態になった母が遺していた「尊厳死の宣言書(リビングウィル)」を受け入れるか否かで葛藤する息子・娘・息子の嫁それぞれの視点から多角的に描出する。出演は「パンクしそうだ」のイワゴウサトシ、「男たちの楽園」の松崎映子、「TOKYO CITY GIRL 2016」の篠田光里、「OMOCHA オモチャ」の満利江。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、松本直樹(イワゴウサトシ)の母が転倒し頭を強打、脳に重大な損傷を負いそのまま植物状態になってしまう。直樹と妹の由佳(篠田光里)、そして直樹の妻・綾子(松崎映子)は突然の出来事に動揺を隠せないでいた。そんななか、母が「尊厳死の宣言書(リビングウィル)」を作成しており、かねてから尊厳死を望んでいた事を思い出す。尊厳死とは、不治で末期に至った患者が、本人の意思に基づいて死期を単に引き延ばすためだけの延命措置を断わり、自然の経過のまま受け入れる死のこと。直樹たちは、母の尊厳死を受け入れるか、あるいは延命治療を施すかという選択を迫られる。理性と感情の狭間で葛藤する彼らが出した答えとは……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
ニューシネマワークショップ
上映時間
60分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?