殺戮にいたる山岳:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
殺戮にいたる山岳
殺戮にいたる山岳

殺戮にいたる山岳

2017年7月1日公開、93分、アクション/スリラー/バイオレンス
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「光州5・18」のアン・ソンギと「お嬢さん」のチョ・ジヌンが金脈をめぐり対立する男たちを演じたアクション。鉱業所の死亡事故を契機に誰も寄り付かなくなった山で金脈が発見され、欲に目が眩んだパク刑事らは山の持ち主を殺害。孫娘の命も狙い追撃する。少女を守ろうとする事故の生き残りの男をアン・ソンギが、金を我が物にしようとする刑事をチョ・ジヌンが演じるほか、「リバイバル 妻は二度殺される」のソン・ヒョンジュらが出演。監督は本作が2作目のイ・ウチョル。特集企画『反逆の韓国ノワール2017』の一作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

15年前鉱業所で死亡事故が起き、重傷を負いながらも生き残ったムン(アン・ソンギ)は、空砲の銃を携えて狩りを装いながら、今やだれも寄り付かなくなったその山を毎日彷徨い歩いていた。息子を事故で亡くしたその山の持ち主である老婆は、山中に金脈を発見し、パク刑事(チョ・ジヌン)に通報。しかしパクは金を横取りしようと、双子の兄に連絡を取って猟師を集めて山に入り、老婆を殺害。さらに彼らは老婆の孫ヤンスンの命も狙い、出くわしたムンはヤンスンを守ろうとする。閉ざされた山の中、命がけの追撃が始まる。

作品データ

原題
사냥
製作年
2016年
製作国
韓国
配給
「反逆の韓国ノワール2017」上映委員会
上映時間
93分
ジャンル
アクションスリラーバイオレンス

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?