アメリカン・バーニング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アメリカン・バーニング

2017年7月15日公開,108分
  • 上映館を探す

ユアン・マクレガーが長編監督デビュー作として、ピューリッツァー賞受賞作を映画化。1960年代、父の事業を継ぎ、順風満帆な人生を歩むスウィード。だが、一人娘が爆弾テロ事件の直後に姿を消したことをきっかけに、彼の幸せな人生が崩壊してゆく……。共演は「ノア 約束の舟」のジェニファー・コネリー、「17歳のエンディングノート」のダコタ・ファニング。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2017』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

平和と繁栄に満ちた良き時代が終わりを告げ、ベトナム戦争が暗い影を落とし始めた1960年代。高校の人気者だったスウィード(ユアン・マクレガー)は、父の事業を継ぎ、ミス・コンテストの女王ドーン(ジェニファー・コネリー)を妻に迎えて順風満帆な人生を築き上げた。しかし、反戦運動に感化された一人娘のメリー(ダコタ・ファニング)が、近隣で起きた爆弾テロ事件の直後に姿を消してしまう。容疑者として警察から追われる娘の無実を信じ、必死に行方を探すスウィード。ところが、娘の仲間だと名乗る謎の女に追い詰められ、一家の人生は崩壊していく。家族の幸せを取り戻そうと、長く苦しい戦いに立ち向かうスウィードだったが、その先に待ち受けていたのは、衝撃の真実だった……。

作品データ

原題
AMERICAN PASTORAL
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/7/21

    高校のヒーローヒロインだった両親には、多感で繊細な娘の心に芽生えた思いに上手く対応することが出来なかったのかな・・ 何処から間違えたんだ?の問いが心に響きます。 子育てに答えは無いし、全てに干渉することは出来ない。 子供の事を誰よりも知って居る気持ちでいるけど、子どもはそれを裏切りたいもの。 ある日突きつけられる問題に、うん、やっぱり同じように対応するよね。 信じ、心配し、途方に暮れる。 誰かが余計な事をしなければ・・もっと早く救いでせていれば。 悲しい事に本当によく聞く、そうなるよね‥と言う悲惨な経験を経て、行く着いた先は無なんだよね。 自分を自分で許さない。許したらむしろ惨めになるから。 そして、やっぱり消えるよね‥ 辛い辛い映画でした。 最近はElle Fanningの出演作が目立ちますが、やっぱりDakotaも凄い。 壊れてからの演技が特に。凄い姉妹だわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告