生きる街|MOVIE WALKER PRESS
MENU

生きる街

2018年3月3日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ピンポン」や「パーマネント野ばら」などで圧倒的な存在感を放ってきた夏木マリ主演によるヒューマンドラマ。東日本大震災で夫を失った千恵子。離れて暮らす娘や息子とのすれ違いが続くなか、ある日、以前同じ町に住んでいた韓国人青年ドヒョンがやって来る。共演は「ユリゴコロ」の佐津川愛美、「青空エール」の堀井新太、韓国のロックバンドCNBLUEのイ・ジョンヒョン、「あさひなぐ」の岡野真也、「エキストランド」の吉沢悠。脚本を「アリーキャット」の清水匡と「捨てがたき人々」の秋山命が担当。監督は「アリーキャット」の榊英雄。

フォトギャラリー

生きる街 画像1
生きる街 画像2
生きる街 画像3
生きる街 画像4
生きる街 画像5
生きる街 画像6

予告編・関連動画

生きる街

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと共に幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは2011年3月11日に起きた東日本大震災により一変。津波に流された夫がいつか戻って来ると信じ、千恵子は地元を離れずに生きている。だがあの日を境に、今は離れて暮らす子どもたちも癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子を持つことを恐れる娘・香苗(佐津川愛美)。何でも震災のせいにして人生から逃げている息子・哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたカン・ドヒョン(イ・ジョンヒョン)が、韓国からある人の手紙を持ってやって来る。その手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出す……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント=太秦
上映時間
124分

[c]2018「生きる街」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?