スイス・アーミー・マン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スイス・アーミー・マン

2017年9月22日公開,97分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

無人島からの脱出を試みる青年と、彼の前に突如現れた死体が巻き起こす愉快な出来事を描くサバイバル・アドベンチャー。ダニエル・ラドクリフが絶望の淵にいた青年に希望を与える“死体”という驚きの役を演じ、2016年のサンダンス映画祭など数々の映画賞で話題を呼んだ。監督はCM出身のダニエル・クワンとダニエル・シャイナート。

予告編・関連動画

スイス・アーミー・マン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

無人島で助けるを求めるも誰も来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとした青年ハンク。ところがちょうどその時、波打ち際に男の死体が流れ着く。その死体からはガスが出ていて、浮力を持っている事に気付いたハンクは、それをジェットスキーのようにして使う事に。死体にまたがり、ハンクは無人島からの脱出を試みる。

作品データ

原題
SWISS ARMY MAN
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ポニーキャニオン
上映時間
97分

[c]2016 Ironworks Productions, LLC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/10/22

    噂にまさるとんでも映画でした。どんな結末になるのかな~と思いながらの鑑賞でしたがそうなりますか。深く考えないでゆる~く観ればとても面白い作品でしたよ。私は好きです。
    「便利な死体」っていう発想がまずすごいじゃない。二人の関係性が面白い。会話も緊張感のない思春期の男子みたいで微笑ましい。バスでの出会いやデートの場面を小道具を使って再現するシーンはとても綺麗だし、だんだんお互いを大切な存在だと思うようになるなんて素敵です。好みが分かれるかもですが観てみて!と教えたくなる作品でした。
    「ハリポタ」シリーズを観ていないのですがラドクリフ君の子役イメージからの脱却は応援したいです。ホラーや悪役だとかわゆらしい外見で損してる感が勿体無い。でもこのまま歳とってほしかったりもする。うむ。
    ポール・ダノの普通っぽい優し気な雰囲気も好き。

    違反報告
  • rikoriko2255

    くんくん

    3.5
    2020/5/18

    死体が屁をして水面を進む。
    馬鹿げた話だと思いますがストーリー全体としては見られます。

    映画館でみましたが下らなすぎてみたことは後悔しました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2017/10/9

    予告からも少し心配。P.ダノは無難としよう。問題はラドクリフ…死体でしょう?半ケツ出して、おならを連発し、ダノに馬乗りにされ、海を渡る水面ぎりぎりに彼の顔。道具となるとここまで!?
    ラドクリフ、演技にひと皮むけたというより何かを捨てた気がする(苦笑)可哀そうなくらい哀れな感じなので、本当によかったのか?今後どんな演技を選ぶやら。そこにしかフォーカスできなかったなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/10/4

    とても不思議です。メニーは何なのか。何を体現した物なのか。まったく分かりません。
    現実逃避では無かった。びっくり。

    うんちとか、おならとか、肛門期の幼児が好む言葉たちを五味氏の絵本のように遠慮なく活躍させ、そこに思春期の男子の好きそうなワードを加えて。
    そこから巻き起こる出来事は凄く奇妙なのに、何故か優しくて詩的で。

    男二人の冒険が、凄く魅力的でいつまでもそうして居たいような気さえしてくる。
    現実社会を垣間見た時の違和感の凄さ。

    皆が見守る中のラストで、女の子が凄く笑って居る素直さ。
    下品でお下劣なのだけれど、男の子の本質で、哲学的ですらある。

    凄いです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2017/9/25

    これは何と言う映画だ!
    不思議な映画で、
    ふざけいているかと思えば、ふざけていなく、
    ふざけていないと思いきや、ふざけている。
    発想が何とも素晴らしくって
    よくもこんなこと考えついたなと、感心するしかない。
    死体役のダニエル・ラドクリフは
    まさかこんな役が似合ってしまうのかと思うほど
    ハマりにハマって、メッチャ面白い。
    ラストシーンが素晴らしくって、自然と微笑んじゃいます。

    違反報告