偽りの忠誠 ナチスが愛した女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
偽りの忠誠 ナチスが愛した女

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

2017年7月28日公開、108分、恋愛/戦争/歴史/サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「シンデレラ」のリリー・ジェームズが、ナチス政権下暗躍するスパイを体当たりで演じた戦争ドラマ。元皇帝ヴィルヘルム2世の監視のため派遣されたドイツ軍将校ブラント大尉は、メイドのミーケと恋に落ちるが、彼女は英国政府から密命を受けたスパイだった。許されざる恋をするドイツ軍将校を「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニーが、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世を「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーが演じる。監督は、本作で初めてメガホンを取った世界的舞台演出家デヴィッド・ルヴォー。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。

予告編・関連動画

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

予告編

2017/7/19(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1940年。ナチス・ドイツは一層諸国侵攻を進める一方、オランダに亡命した後も根強く支持者を持つドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世(クリストファー・プラマー)を警戒していた。ヴィルヘルム2世の動向を監視するため、オランダにある元皇帝の屋敷にドイツ軍将校ブラント大尉(ジェイ・コートニー)を派遣。そこでブラントは、美しいメイドのミーケ(リリー・ ジェームズ)に心を奪われる。戦時下の不安から逃げるように、夜ごと激しい情事にふける二人。しかしミーケは、イギリス政府から密命を受けたスパイだった……。

作品データ

原題
THE EXCEPTION
製作年
2016年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
108分
ジャンル
恋愛戦争歴史サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?