文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)

2018年3月3日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中島敦、太宰治、芥川龍之介など、文豪と同じ名を持つ異能力者たちの戦いを描く、コミックが原作の人気アニメの初めての劇場版。世界中で発生した異能力者連続自殺事件を巡って、裏社会のトラブル解決を生業とする武装探偵社の面々が、事件と深く関わる存在・澁澤龍彦らを追い詰めていく姿がつづられる。

フォトギャラリー

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像1
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像2
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像3
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像4
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像5
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) 画像6

予告編・関連動画

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヨコハマに居を構え、軍や警察も踏み込めない荒事を引き受ける武装探偵社。社員の敦らは騒がしくも平穏な毎日を過ごしていたが、その頃、世界中で異能力者が相次いで自殺する怪事件が起きていた。内務省異能特務課の坂口から依頼を受けた敦らは、事件への関与が疑われる男、澁澤龍彦の確保に乗り出すのだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
角川 ANIMATION
上映時間
90分

[c]2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA 製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    2.0
    2018/3/18

    【賛否両論チェック】
    賛:自身の能力と戦わざるをえなくなった主人公達が、その困難をどう乗り越えていくか、ハラハラさせられること必至。太宰治達の頭脳戦にも注目。
    否:予備知識がないと、よく分からないまま終わってしまうかも。世界観の好き嫌いも分かれそう。

     映画単体でもギリギリ楽しめそうですが、やはり何らかの予備知識は必要かと。
     持ち主と異能力を切り離し戦わせるという霧に対し、中島敦や泉鏡花、芥川龍之介らがどんな奮闘ぶりを見せるのか、その辺りにハラハラさせられます。その中で国木田が告げる、
    「勝てるかどうかではない。戦う意志があるかどうかだ。」
    という言葉が、非常にカッコイイです。
     また、そんな霧を放った澁澤龍彦と、何故か彼に組みした太宰治、そしてその本性が読めない魔人・フョードルと、三者三様の騙し合いからも、目が離せないところです。
     とは言うものの、世界観の好き嫌いも含めて、やはりファン向けの作品であることは否めなさそうですね。

    違反報告